MENU

イツキ

イツキです。最新ガジェットや家電を使って、家族みんなが効率的で快適な暮らしができることを目指しています。

Amazonや楽天を中心に新商品をチェックしながら、月間5万人が見るブログ「ガジェルバ」を運営中。

他にもインテリアやお酒の情報を紹介している「サイガログ」、恋愛リアリティショーのレビューをしている「サケコイ」のブログもどうぞ。

ご感想やご意見、製品レビューのご依頼はお気軽にお問い合わせフォームまで。

Amazonチャージで1000ポイントゲット

【AfterShokz Aeropex レビュー】防水性能IP67で8時間連続再生できる骨伝導オープンイヤーヘッドフォン

こんにちは、ヘッドフォン選びにいつも悩んでいるイツキ(@saigalog)です。

デザイン、大きさ、つけ心地、音質、そしてメガネをかけながら使えるか。

どれも大事なポイントなので、比較しながら悩んでいると日が暮れてしまいます。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_manuke_icon_new.jpgイツキ

特に暑い季節は、汗でヘッドフォン自体が使いにくいという問題もあったりして…。

そんな中、これらの悩みを解消してくれる製品をレビューできる機会をいただきました。

それが「AfterShokz Aeropexアフターショックスエアロペクス」。

スタイリッシュなデザインで、本体はチタンフレームでできています。

重さはたったの26 gと軽量で、圧迫感はありません。

防水防塵性能はIP67に対応し、最大8時間連続使用できるタフさも兼ね備えています。

そして気になるのが「骨伝導」。

先進技術を採用し、振動をより小さく抑えることに成功しています。

今回はそんな「AfterShokz Aeropex」を実際の使用感とともに、詳しくレビューしていきます!

お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

AfterShokz Aeropexの使用感

ヘッドフォンと言えば、まず実際の使用感が気になる方も多いのではないでしょうか。

製品の詳細やスペックは後回しにするとして、まずは使ってみて私が感じた素直な感想を述べていきたいと思います。

AfterShokz Aeropex 使用感

まずは装着感

AfterShokz Aeropex 装着感

見た目どおり、普通のヘッドフォンとは根本的に違います。

本体の大半はワイヤーのようなチタンフレームでできていて、重さはたったの26 g。

当ブログで最近レビューしたこのヘッドフォンこのヘッドフォン200 g以上ですので、これらと比べるといかに軽いかがわかるでしょう。

ですのでジャンルとしては「ヘッドフォン」ではありますが、個人的にはイヤホンに近いものだと思っています。

そして軽さは正義

AfterShokz Aeropex 軽い

つけ心地が抜群に良いです。

もちろん圧迫感はないですし、耳の後ろから後頭部にかけての装着になんの違和感もありません。

例えばカナル型のイヤホンは耳の穴を押されるような感覚があり、それが痛みになったりしますが、オープンイヤーな本製品はそんな悩みとは無縁です。

そして私はメガネユーザーなので、どうしても気になるのがメガネの柄の部分との干渉

一般的なヘッドフォンの場合、これが痛くて結果的に使用を断念する、ということがよくありました。

しかしこの「AfterShokz Aeropex」はすごいですね、まったく干渉しません

もちろん柄とヘッドフォンが当たっていないわけではないのですが、そもそも本体が軽いですし、圧迫するという概念がないので痛くなりようがないんですよね。

なのでメガネ利用者が多いとされる日本人にかなり向いている製品だと感じています。

外装の仕上がりもいいですね。

AfterShokz Aeropex 外装の仕上がり

サラッとした手触りで、清潔感と高級感があります。

知らずに手にしたら「このヘッドフォン結構いい値段するでしょ?」と思うはずです。

カラバリも4色展開で、ビビットなブルーとレッド、そして使いやすいブラックとグレーが用意されているのが好印象ですね。

老若男女問わずに誰でも使える製品になっています。

そしてもっとも気になるのが音質

AfterShokz Aeropex 音質

オープンイヤーで骨伝導だと、やはり音は大味なんじゃないか、私も最初そんなふうに思っていました。

実際に聴いてみたらそれは杞憂きゆうだったとすぐにわかります。

非常に繊細で解像度が高くクリアな音楽が耳に響きます。

特に中高音が素晴らしいですね。

同じ価格帯のヘッドフォンやイヤホンと比べても遜色ありません。

ただやはり低音については少し弱く感じる部分はあります。

もちろんメーカー側もそのことは把握して、イヤープラグ(耳栓)を用意してくれています。

AfterShokz Aeropex イヤープラグ

これをつけると密閉感がグンと上がるので、低音での臨場感や迫力が増します。

…と思ったのですが、どうにも音がこもって聴こえます。

うーん、やっぱりこのくらいの欠点はあるのかな、と思って説明書を読んでみるとなにやらイコライザー」で調整できるとのこと。

2つの音量ボタンを同時長押しして切り替えると…音のこもりが軽減されて音がクリアに聴こえるようになりました。

いやぁ、さすがですね、製品の特徴を研究しつくしてあらゆる調整がされていることがよくわかります。

このイコライザーは2段階なのですが、イヤープラグを使っていないときは切り替えないほうが良さそうです。

というのもオープンイヤーでもともと音が開放されて聴こえるので、さらに抜けてしまうような音質になってしまうからです。

ですので通常時はイコライザーは初期状態、イヤープラグ時にイコライザー切替がベストな音質となるでしょう。

ここまでだいぶ熱めに語ってきましたが笑。

この製品はとても丁寧に作られている、ということが端々から感じられます。

外箱のモデルさんのおしゃれでわかりやすい写真丁寧な梱包

親切でローカライズもしっかりされたユーザーガイド

なんと言っても「マグネット充電ケーブル」が2本同梱されているところ、これには感動しました。

私は最初、不思議に思いました。

「充電端子は1つしかないのに、なぜケーブルが2本ある?」と。

よくよく考えてみたら、多分これメーカー側の配慮なんですよね。

というのも、こんな特殊な形状のマグネット端子がついたUSBケーブルを持ってる人は少ないはず。

もちろん私も初めてでした。

他のmicroUSBだったり、USB Type-Cなら代用が効きやすいですがこの製品の場合そうではない。

つまり失くしたり壊してしまった場合、自分で新しくケーブルを買ってこないと充電できなくなってしまうわけですね。

それを見越して、最初から2本同梱するという優しさ。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

おみそれしました笑。

ちょっと褒め過ぎじゃない?というくらい褒めてきましたが笑。

企業努力も素晴らしいですし、なにより製品自体がとても良いです。

確かに没入感、とかオーディオを追求している人にとっては音質面で物足りない部分もあるもしれません。

まぁそういうのは他のヘッドフォンやイヤホンに求めていただくとして。

この製品の良さは圧倒的な解放感、ここに尽きると思います。

特に暑い季節だと頭や耳の穴にも汗をかいたりして、普通のイヤホンやヘッドフォンだとベタッと嫌な感じがあるのがつきもの。

AfterShokz Aeropex」ならそういう不快感とは無縁ですから、夏を中心にオールシーズン使えるヘッドフォンというわけです。

そして「骨伝導」であることのメリット。

オープンイヤーなので周囲の音も自然と耳に入ってきますし、長時間使っても耳が疲れにくくなっています。

防水防塵性能もIP67と必要十分ですし、スポーツ中に音楽を楽しみたい方に特におすすめしたい製品となっています。

AfterShokz Aeropex スポーツ

AfterShokz Aeropexの同梱物

AfterShokz Aeropex」の外箱は白基調で、モデルの方の写真が全面に映っており実際の装着感がわかりやすくなっています。

AfterShokz Aeropex 外箱

箱の中にはまた箱が。

AfterShokz Aeropex 内箱

内側の箱をこのように開けると…。

AfterShokz Aeropex 内箱

BE OPEN」のロゴとオシャレな写真がお出迎え。

AfterShokz Aeropex 箱の写真
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

これだけですごく丁寧に作られた製品だということがわかりますね♪

同梱物として以下のものが入っています。

AfterShokz Aeropex 同梱物
Aeropexの同梱物
  • ヘッドフォン本体
  • シリコンゴム収納袋
  • マグネット充電ケーブル × 2
  • イヤープラグ(耳栓)
  • 製品保証書
  • ユーザーガイド

付属のマグネット充電ケーブルの長さは約60 cm

AfterShokz Aeropex 充電ケーブル
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

マグネット端子の形状が特殊な充電ケーブルは、単品でも販売されています。

イヤープラグ(耳栓)はマーブル調の不思議な色をしています。

AfterShokz Aeropex イヤープラグ

シリコンゴム製の収納袋にはこのようにヘッドフォンを入れて…。

AfterShokz Aeropex 収納袋

スッポリと収めることができます。

AfterShokz Aeropex 収納袋に入れる

AfterShokz Aeropexのスペック

AfterShokz Aeropex」は先進的な骨伝導技術を使ったコンパクトなオープンイヤーヘッドフォンです。

AfterShokz Aeropex

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名AfterShokz Aeropex
本体サイズ全長355 mm、高さ45 mm
重さ26 g
スピーカーBone Conductionスピーカー
周波数帯20Hz-20KHz
感度105 ± 3dB
マイク感度-38dB ± 3dB
バッテリーリチウムバッテリー
連続再生時間8時間
待機時間10日間
充電時間2時間
充電圧5V±5%
防滴IP67
スピーカーインピーダンス8.5ohm±20%
バッテリー容量145mAh
Bluetoothv5.0
対応プロファイルA2DP,AVRCP,HSP,HFP
最大高周波出力4dBm
Bluetooth周波数帯2402MHz-2480MHz

外観

AfterShokz Aeropex」の外装はマットで手触りがよく、高級感のある質感になっています。

AfterShokz Aeropex 外装

カラーバリエーションはレビューしている「ソーラーレッド」をあわせて全4色

AfterShokz Aeropex カラーバリエーション

ヘッドフォン右側には左から「マグネット充電端子」「音量-ボタン」「音量+(電源)ボタン」が並びます。

AfterShokz Aeropex 各種ボタン
各ボタンの機能
  • 電源オン:音量+ボタンを2秒間長押し
  • 電源オフ:電源ボタンを3秒間長押し
  • ミュート:通話時に音量+、音量-を約2秒間長押し
  • イコライザー切替:音楽再生時に音量+音量-ボタンを約3秒間長押し
  • バッテリー残量チェック:音楽静止時にいずれかのボタンを1回押し
  • 音量調整:音楽再生時に音量ボタンを1回押し

マグネット充電端子は特殊な形状になっています。

AfterShokz Aeropex マグネット充電端子

付属の充電ケーブルを電源に接続すると充電することができます。

AfterShokz Aeropex 充電

充電中はLEDが赤く点灯します。

AfterShokz Aeropex LED点灯

このLEDは色や点灯/点滅で状態を示してくれます。

AfterShokz Aeropex 点灯/点滅
LEDの意味
  • 赤色点灯:充電中
  • 青色点灯:充電完了
  • 赤色青色で交互に点滅:ペアリングモード
  • 青色点滅:着信
  • 赤色点滅:バッテリー残量低下

ヘッドフォンの左側(裏側)には製品の仕様が記載されていました。

AfterShokz Aeropex 製品の仕様
製品の仕様

Model:AS800

FCC ID:SHKASCEHB6

IC:10978A-ASCEHB6

Input:5.0A 120mA

Made in China

また、ヘッドフォンの左側の表にはマルチファンクションボタンがあります。

AfterShokz Aeropex マルチファンクションボタン
マルチファンクションボタンの操作
  • 音楽再生/一時停止:1回押し
  • 次の曲にスキップ:音楽再生時に2回押し
  • 前の曲にスキップ:音楽再生時に3回押し
  • 電話に出る:1回押し
  • 電話を切る:1回押し
  • 現在の通話を切って二つ目の着信に出る:通話時に2秒間長押し
  • 通話を拒否する:着信時に2秒間長押し
  • 音声ダイヤル:2秒間長押し
  • 最後に発信した番号をリダイヤルする:音楽停止時に2回押し
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

機能が豊富なので、まずはよく使うものから覚えましょう!

通常のヘッドフォンとは違いまっさらな形状、ここを耳の横の骨に当てることにより音が聴こえます。

AfterShokz Aeropex 骨伝導

サイズ・重量

AfterShokz Aeropex」の全長は355 mmです。

AfterShokz Aeropex 全長

高さは45 mm

AfterShokz Aeropex 高さ

スマホ(iPhone 11 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

AfterShokz Aeropex スマホと比較

重さは26 gでした。

AfterShokz Aeropex 重さ

機能

まずは誰もが一番最初にやるペアリングを行いましょう。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

手順は少なくカンタンです♪

電源ボタンを5秒間押します
AfterShokz Aeropex 電源ボタンを長押し
LEDが赤と青に交互に点滅します(ペアリングモード)
AfterShokz Aeropex ペアリングモード
ヘッドフォンとペアリングする端末のBluetooth設定を有効(オン)にします
AfterShokz Aeropex Bluetoothオン
端末の画面に表示される「Aeropex by AfterShokz」を選びます
AfterShokz Aeropex 選択
ペアリング完了!
AfterShokz Aeropex ペアリング完了

一度ペアリングを済ませてしまえば、次からは電源を入れたら自動的に接続されるようになります。

AfterShokz Aeropex 自動接続

AfterShokz Aeropex」は耳をふさがないオープンイヤーデザインです。

AfterShokz Aeropex オープンイヤーデザイン

もっとも先進的な骨伝導技術で、従来モデルよりも優れた中高音を実現しながら、振動をより小さく抑えることに成功しています。

AfterShokz Aeropex 先進的な骨伝導技術

前モデル「AfterShokz Air」よりも30%の小型化13%の軽量化を実現しています。

AfterShokz Aeropex 小型化&軽量化

PREMIMPITCH 2.0+」に対応し、より少ない振動で深みのある低音を両立しています。

AfterShokz Aeropex PREMIMPITCH 2.0+

AfterShokz Air」に比べて音漏れを50%減少させています。

AfterShokz Aeropex 音漏れ軽減

防水防塵性能は「IP67」、雨天やスポーツ時の汗など気にせず使えます。

AfterShokz Aeropex 防水防塵性能
注意

長時間の水没や高温多湿な環境での使用は推奨しません。

コンパクトで軽量ながら、バッテリ容量は145mAhもあるので最大8時間の連続使用が可能です。

AfterShokz Aeropex 最大再生時間

チタンフレームを採用しているので、スポーツ時にもしっかりとフィットします。

AfterShokz Aeropex チタンフレーム
MEMO

チタン」は軽量、比強度、高耐食性、生体適合性、非磁性といった優れた特性をもった金属です。

マイクを搭載しているのでハンズフリーに通話することができます。

AfterShokz Aeropex ハンズフリー通話

AfterShokz Aeropexのレビューまとめ

本記事では「【AfterShokz Aeropex レビュー】防水性能IP67で8時間連続再生できる骨伝導オープンイヤーヘッドフォン」について書きました。

シンプルでスタイリッシュなデザイン。

コンパクトで軽量という使い勝手の良さ。

必要十分な防水防塵性能とバッテリー容量。

なにより丁寧に作られている高品質な製品、だということが個人的にはとてもポイントが高いです。

骨伝導ヘッドフォン」という普通とは少し違ってクオリティの高い新しいヘッドフォン「AfterShokz Aeropex」を、ぜひ選んでみてはいかがでしょうか。

Instagram
YouTube
Twitter
Feedly
SHARE