MENU

イツキ

イツキです。最新ガジェットや家電を使って、家族みんなが効率的で快適な暮らしができることを目指しています。

Amazonや楽天を中心に新商品をチェックしながら、月間5万人が見るブログ「ガジェルバ」を運営中。

他にもインテリアやお酒の情報を紹介している「サイガログ」、恋愛リアリティショーのレビューをしている「サケコイ」のブログもどうぞ。

ご感想やご意見、製品レビューのご依頼はお気軽にお問い合わせフォームまで。

Amazonチャージで1000ポイントゲット

【AfterShokz OpenMove レビュー】防水性能IP55で3種類のイコライザーを搭載した骨伝導オープンイヤーヘッドフォン

こんにちは、最近骨伝導ヘッドフォンの魅力に気づいたイツキ(@saigalog)です。

普通のヘッドフォンだと耳をふさぐのでどうしても外音が聞こえにくくなりますし、イヤホンだと長時間使っていると耳が疲れてくるんですよね。

骨伝導タイプのオープンイヤー型のヘッドフォンなら、そんな両者の弱点をカバーしてくれます。

今回レビューするAfterShokzアフターショックスの「AfterShokz OpenMoveアフターショックス オープンムーブ」もその中の1つ。

防水性能はIP55なので、スポーツ時の汗や雨天を気にせず使えます。

連続再生時間は最大6時間と必要十分。

また3種類のイコライザーを搭載しているので、シーンに合わせて音楽を楽しむことができます。

本記事ではそんな「AfterShokz OpenMove」を実際の使用感とともに詳しくレビューしていきます!

お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

AfterShokz OpenMoveの使用感

ヘッドフォンと言えば、まず実際の使用感が気になる方も多いのではないでしょうか。

製品の詳細やスペックは後回しにするとして、まずは使ってみて私が感じた素直な感想を述べていきたいと思います。

AfterShokz OpenMove 使用感

まずは見た目から。

AfterShokz OpenMove 見た目

質感はいわゆる安物とは違い、高級感があります。

ワイヤーと本体、とシンプルで老若男女問わず誰でも使えるデザインになっています。

カラーバリエーションは落ち着いた色合いのグレーとホワイトと、個性的なブルーとピンクの4色が用意されていて、どれもクセがないので選びやすいですね。

次に装着感

重さは29 gと非常に軽いので、耳や頭が痛くなりにくいです。

ただ耳にかける部分のカーブは固定なので、人によってこのかけ心地が合わない、ということはあるかもしれません。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

私はちょうど良かったです。

また公式には「メガネに干渉しない」とあるのですが、どちらも耳にかけるものなのでやっぱり干渉します

ただ上にも書いたように軽いヘッドフォンですし、締め付けが強いわけではないので痛くなったり、メガネのテンプル(つる)の部分が曲がるといった心配はありません。

そしてもっとも気になるのが音質

オープンイヤー型のヘッドフォンはそもそも、どうしても音が軽くなりがちというか、没入感に欠ける部分があります。

その前提の上で、この「AfterShokz OpenMove」はかなり健闘しているのではないでしょうか。

普段は気軽に外音を聴きつつも音楽を楽しむことができますし、イヤープラグとイコライザーを併用すれば高級ヘッドフォンに匹敵する臨場感を体験することができます。

当然音漏れはあるのですが、他社製品を比べるとかなり小さく抑えられていると実感しています。

メーカーの「AfterShokz」は骨伝導ヘッドフォンの専門家ですので、やはりクオリティの高さは抜きん出ていますね。

価格は少し高めではあるものの、クオリティを重視して長く使っていきたいのであれば「AfterShokz OpenMove」を含めた同社のヘッドフォンを選ぶことを絶対にオススメします。

AfterShokz OpenMoveの同梱物

AfterShokz OpenMove」の外箱は、カラフルな色調でオシャレなデザインです。

AfterShokz OpenMove 外箱

箱の中にはまた箱が。

AfterShokz OpenMove 内箱

内箱の裏面には製品の特徴が記載されています。

AfterShokz OpenMove 内箱裏面

同梱物として以下のものが入っています。

AfterShokz OpenMove 同梱物
OpenMoveの同梱物
  • ヘッドフォン本体
  • 収納袋
  • USB Type-A to Cケーブル
  • イヤープラグ(耳栓)
  • 製品保証書
  • ユーザーガイド

付属のUSB Type-A to Cケーブルの長さは約60 cm

AfterShokz OpenMove USBケーブル

イヤープラグ(耳栓)はマーブル調の不思議な色をしています。

AfterShokz OpenMove イヤープラグ

黒くて手触りの良い収納袋も付属しています。

AfterShokz OpenMove 収納袋

ヘッドフォンやUSBケーブルを収めることができます。

AfterShokz OpenMove ヘッドフォンを収納

AfterShokz OpenMoveのスペック

AfterShokzの「AfterShokz OpenMove」は先進的な骨伝導技術を使ったコンパクトなオープンイヤーヘッドフォンです。

AfterShokz OpenMove

YouTubeのラジオ風動画「週刊ラジルバ」でもこの製品について触れているので、こちらもぜひチェックしてみてください。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

よければチャンネル登録もお願いします!

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名AfterShokz OpenMove
本体サイズ全長366 mm、高さ48 mm
重さ29 g
スピーカー骨伝導タイプ
周波数帯20Hz-20KHz
感度96 ± 3dB
マイク感度-40dB ± 2dB
バッテリー充電式リチウムポリマー電池
連続再生時間6時間以上
待機時間240時間
充電時間約2時間
充電圧5.25V±5%
防滴IP55
スピーカーインピーダンス8.0 ± 0.5ohm
バッテリー容量135mAh
Bluetoothv5.0
対応プロファイルA2DP,AVRCP,HSP,HFP
最大高周波出力4dBm
Bluetooth周波数帯2402MHz-2480MHz

外観

AfterShokz OpenMove」の外装はマットで手触りがよく、高級感のある質感です。

AfterShokz OpenMove 外装

カラーバリエーションはレビューしている「スレートグレー」をあわせて全4色

AfterShokz OpenMove カラーバリエーション
OpenMoveのカラバリ

ヘッドフォン右側には左から「音量-ボタン」「音量+(電源)ボタン」「充電端子」が並びます。

AfterShokz OpenMove 各種ボタン
各ボタンの機能
  • 電源オン:音量+ボタンを2秒間長押し
  • 電源オフ:電源ボタンを3秒間長押し
  • ミュート:通話時に音量+、音量-を約2秒間長押し
  • イコライザー切替:音楽再生時に音量+音量-ボタンを約3秒間長押し
  • バッテリー残量チェック:音楽静止時にいずれかのボタンを1回押し
  • 音量調整:音楽再生時に音量ボタンを1回押し

充電端子にはカバーがついているので、使うときは指で開けます

AfterShokz OpenMove カバー

付属の充電ケーブルを電源に接続すると充電することができます。

AfterShokz OpenMove 充電

充電中はLEDが赤く点灯します。

AfterShokz OpenMove LED点灯

このLEDは色や点灯/点滅で状態を示してくれます。

AfterShokz OpenMove LED点滅
LEDの意味
  • 赤色点灯:充電中
  • 青色点灯:充電完了
  • 赤色青色で交互に点滅:ペアリングモード
  • 青色点滅:着信
  • 2分ごとに赤色点滅:バッテリー残量低下

ヘッドフォンの左側(裏側)には製品の仕様が記載されていました。

AfterShokz OpenMove 製品の仕様
製品の仕様

Model:AS660

FCC ID:SHKASCEHB8

IC:10978A-ASCEHB8

Input:5.0A 150mA

Made in China

また、ヘッドフォンの左側の表にはマルチファンクションボタンがあります。

AfterShokz OpenMove マルチファンクションボタン
マルチファンクションボタンの操作
  • 音楽再生/一時停止:1回押し
  • 次の曲にスキップ:音楽再生時に2回押し
  • 前の曲にスキップ:音楽再生時に3回押し
  • 言語の切り替え:ペアリング中に2回押し
  • 電話に出る:1回押し
  • 電話を切る:1回押し
  • 現在の通話を切って二つ目の着信に出る:通話時に2秒間長押し
  • 通話を拒否する:着信時に2秒間長押し
  • 音声アシスタント:2秒間長押し
  • 最後に発信した番号をリダイヤルする:音楽停止時に2回押し
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

機能が豊富なので、まずはよく使うものから覚えましょう!

通常のヘッドフォンとは違いまっさらな形状、ここを耳の横の骨に当てることにより音が聴こえます。

AfterShokz OpenMove 音出力

サイズ・重量

AfterShokz OpenMove」の全長は366 mmです。

AfterShokz OpenMove サイズ

高さは48 mm

AfterShokz OpenMove 高さ

スマホ(iPhone 11 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

AfterShokz OpenMove スマホと比較

重さは29 gでした。

AfterShokz OpenMove 重さ

機能

まずは誰もが一番最初にやるペアリングを行いましょう。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

手順は少なくカンタンです♪

電源(音量+)ボタンを長押しします
AfterShokz OpenMove ボタン長押し
LEDが赤と青に交互に点滅します(ペアリングモード)
AfterShokz OpenMove ペアリングモード
ヘッドフォンとペアリングする端末のBluetooth設定を有効(オン)にします
AfterShokz OpenMove Bluetoothオン
端末の画面に表示される「OpenMove by AfterShokz」を選びます
AfterShokz OpenMove 選択
ペアリング完了!
AfterShokz OpenMove ペアリング完了

一度ペアリングを済ませてしまえば、次からは電源を入れたら自動的に接続されるようになります。

AfterShokz OpenMove 自動接続

AfterShokz OpenMove」は、ソーシャルディスタンスとオーディオ体験の相反する2つを共存することができるヘッドフォンです。

AfterShokz OpenMove オーディオ体験

数多くの特許技術により高品質な骨伝導を実現しています。

AfterShokz OpenMove 骨伝導

重さも29 gと超軽量で、頭から外れにくい構造になっています。

AfterShokz OpenMove 安定感

大容量バッテリーを搭載し、連続再生時間は6時間、待機時間は240時間を実現しています。

AfterShokz OpenMove 長持ちバッテリー

防水防塵規格はIP55で、スポーツ時の汗や雨天の中でも使っても問題ありません。

AfterShokz OpenMove 防水性能

3つのイコライザーモードを搭載し、各シーンにあわせて音質を選択できます。

AfterShokz OpenMove イコライザーモード
イコライザー
  • スタンダードモード:通常の音楽を聴くのに最適
  • ヒューマンボイスモード:ラジオなど人間の声に最適
  • イヤープラグモード:没入感を高めるのに最適(イヤープラグ装着時)

充電ポートはUSB-Cなので、汎用性が高く手持ちのUSBケーブルでも充電できます。

AfterShokz OpenMove USB-C

Bluetooth5.0に対応し、安定した無線接続を実現しています。

AfterShokz OpenMove Bluetooth

AfterShokz OpenMoveのレビューまとめ

本記事では「【AfterShokz OpenMove レビュー】防水性能IP55で3種類のイコライザーを搭載した骨伝導オープンイヤーヘッドフォン」について書きました。

特に最近は外出しづらくなっているので、運動不足に悩んでいる方も多いでしょう。

ウォーキングやランニングなどの運動時に骨伝導ヘッドフォンを使えば、音楽を楽しむことはもちろん、外音を聞けるので適度なソーシャルディスタンスを保つことができます。

価格も1万円前後とリーズナブルなので、骨伝導ヘッドフォンを使ってみたいという方はエントリーモデルとしてもうってつけな「AfterShokz OpenMove」を選んでみてはいかがでしょうか。

Instagram
YouTube
Twitter
Feedly
SHARE