Amazonチャージで1000ポイントゲット

【2020年】コスパ最強の完全ワイヤレスイヤホンランキング13選

こんにちは、完全ワイヤレスイヤホンに魅力に取りつかれているイツキ(@saigalog)です。

様々なメーカーから数多くの種類の製品が販売されている完全ワイヤレスイヤホン。

通勤通学、勉強中や仕事中など、いつでもどこでも使えるのでとても便利なガジェットですよね。

しかし価格はピンからキリまであり、それぞれの性能やどんな製品を選べばいいのかわかりにくなっている現状があるのもまた事実です。

本記事では完全ワイヤレスイヤホンをどういったポイントで選べばいいのか、たくさんの製品をレビューしている私がランキング形式でおすすめの製品を紹介していきます。

【関連】デザインがおしゃれなおすすめの完全ワイヤレスイヤホン 【2020年】デザインがおしゃれなおすすめの完全ワイヤレスイヤホン4選
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

私の選ぶ完全ワイヤレスイヤホンのBEST4はこちらです!

完全ワイヤレスイヤホンBEST4

コスパ最強の完全ワイヤレスイヤホンランキング13選

いまや数多ある完全ワイヤレスイヤホンの製品。

どれを選ぶか考える上で、見るべきポイントは以下の6つです。

  1. デザイン → 日常的に使いたくなるか、持っていて嬉しくなるか
  2. 音質 → バランスが良いか、低音に迫力はあるか
  3. 連続再生時間 → 4~5時間以上か
  4. 音声操作 → SiriやGoogleアシスタントで操作可能か
  5. 防水性能 → 汗や雨天時の使用で問題ないか
  6. コスパ → 価格がその他項目の評価に見合っているか
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

人によって多少の差はありますが、1つの目安として参考にしてください♪

それではコスパに優れた完全ワイヤレスイヤホンを紹介していきます。

モバイルは左スライドで全表示
製品名重量(片耳/ケース)連続再生時間連続再生時間(ケース併用)ドライバー防水性能対応コーデック充電ポート
TaoTronics SoundLiberty 945.5 g/39 g8時間32時間9.2 mmダイナミックドライバーIPX4SBC/AACUSB Type-C
YOBYBO CARD203 g/28 g4時間20時間13 mmダイナミックドライバーIPX4SBC/AAC/apt-XUSB Type-C
COUMI Ear Soul TWS-817A4.5 g/45 g6時間30時間6mmドライバーIPX7SBC/AACUSB Type-C
TaoTronics SoundLiberty 884.5 g/42 g4時間25時間10mmダイナミックドライバーIPX7SBC/AACUSB Type-C
TaoTronics SoundLiberty 924.5 g/34 g5時間25時間13mm大口径ドライバーIPX7SBC/AACUSB Type-C
AU-Stream ANC6.5 g/45 g6時間非表記13mm AU-チタニウムドライバーIPX5SBC/AAC/apt-XUSB Type-C
dyplay ANC-Shield Pro5.5 g/37 g8時間32時間9.2mmダイナミックドライバー生活防水SBC/AACUSB Type-C
cheero Wireless Earphones Bluetooth 5.15 g/84 g10時間180時間非表記IPX5SBC/AAC/apt-XUSB Type-C
M-SOUNDS MS-TW214.5 g/37 g9.5時間47.5時間6mmダイナミックドライバーIPX4SBC/AAC/apt-XUSB Type-C
M-SOUNDS MS-TW35.5 g/51 g10時間60時間5.9mmダイナミックドライバーIPX7SBC/AAC/apt-XMicro USB
GLIDiC Sound Air TW-60004.5 g/36 g7時間21時間6mmダイナミックドライバーなしSBC/AAC/apt-XMicro USB
TaoTronics SoundLiberty 775 g/34 g5時間20時間6mm PEEK+PU製 ハイブリッド仕様 ダイナミック型ドライバーIPX7SBC/AACMicro USB
cheero Wireless Earphones Light Style4 g/28 g5時間17.5時間非表記IPX5SBC/AACUSB Type-C

TaoTronics SoundLiberty 94

TaoTronicsタオトロニクスの「TaoTronics SoundLiberty 94」です。

TaoTronics SoundLiberty 94

防水性能は「IPX4」、雨天やスポーツ時などのを汗を気にせず使えます。

TaoTronics SoundLiberty 94 防水性能
IPX4とは

水の飛沫からの保護です。

水流や水没は厳禁です。

充電ケースの重さは39 g、イヤホンはペアで11 g(片方5.5 g)です。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

TWSの中では少し重めといった印象です。

イヤホンのみで8時間、充電ケースでくり返し充電することで最大32時間連続して再生することができます。

TaoTronics SoundLiberty 94 連続再生時間

充電ポートはUSB Type-C、付属のケーブルを電源に接続して充電します。

TaoTronics SoundLiberty 94」は、タッチセンサー式ボタンによる操作が可能です。

TaoTronics SoundLiberty 94 タッチコントロール
操作と機能
  • 右を2タップ:再生/一時停止
  • 右を1タップ:音量+
  • 左を1タップ:音量-
  • 右を3タップ:進む
  • 左を3タップ:戻る
  • 1タップ:通話応答
  • 2秒間長押し:電話を切る
  • 2秒間長押し:通話拒否
  • 左を2秒間長押し:ANC ON/OFF
  • 左を2タップ:Ambient Mode
  • 2秒間長押し(ビープ音):音声コントロールオン/オフ
  • 10秒間長押し:ペアリング履歴消去

そして気になる音質面

TaoTronics SoundLiberty 94 音質

9.2 mmの大口径ダイナミックドライバーを搭載しているので、クオリティと迫力はさすがと言ったところ。

高音・中音・低音どれが強いというわけではなく、バランスが良い聴き心地です。

クセのないシンプルな音、という印象です。

ただ個人的には若干クリア感、解像度の高さに物足りなさを感じました。

そして目玉の機能のアクティブノイズキャンセリング(ANC)

完全ワイヤレスイヤホンにANCが搭載されるようになって久しいですが、後発の製品ということでさすがのクオリティです。

ANCをONにした瞬間に雑音がスッと消える感覚がたまりません。

外音を取り込むアンビエントモードにも対応しているので、駅や電車内でのアナウンスをイヤホンを取らずに聞けるのが嬉しいところ。

コーデックはSBC、そしてAACを採用しているので特にiPhoneなら遅延なく高音質な音楽を聴くことができます。

コーデックとは

音楽データを圧縮する方式のこと。

  • SBC:標準コーデック
  • AAC:主にiPhoneで採用、遅延なく高音質
  • apt-X:主にAndroidで採用、遅延なく高音質

TaoTronics SoundLiberty 94」は、1万円前後で買えるリーズナブルなANC搭載完全ワイヤレスイヤホンです。

TaoTronics SoundLiberty 94の評価
デザイン
(3.0)
音質(バランスが良い)
(3.0)
連続再生時間(8時間)
(5.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水性能(IPX4)
(3.5)
コスパ
(4.0)
総合評価
(4.0)
TaoTronics SoundLiberty 94レビューはこちら 【TaoTronics SoundLiberty 94 レビュー】防水性能IPX4でANCとアンビエントモードを搭載した完全ワイヤレスイヤホン

YOBYBO CARD20

YOBYBOヨービーボの「YOBYBO CARD20」です。

防水性能は「IPX4」、雨天やスポーツ時などのを汗を気にせず使えます。

IPX4とは

水の飛沫からの保護です。

水流や水没は厳禁です。

充電ケースの重さは28 g、イヤホンはペアで6 g(片方3 g)です。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

TWSの中でも抜群の軽さです!

イヤホンのみで4時間、充電ケースでくり返し充電することで最大20時間連続して再生することができます。

充電ポートはUSB Type-C、付属のケーブルを電源に接続して充電します。

YOBYBO CARD20」は、タッチセンサー式ボタンによる操作が可能です。

操作と機能
  • 2タップ:電話に出る
  • 2タップ:電話を切る
  • 3タップ:着信拒否
  • 左を2タップ:再生
  • 右を2タップ:次の曲
  • 右を3タップ:前の曲
  • 左を3タップ:音声アシスタントを呼び出す

そして気になる音質面

特に中音から高音にかけてが強めに出ていると感じます。

クリアで解像度が高く、聞いていてとても爽快感があります。

ズンズンと響くような強い低音はありませんが、充分な迫力と臨場感を感じさせてくれるのはさすがと言ったところ。

インナーイヤー型イヤホンによくある音のこもり、というのはまったくありませんでした。

ライトなつけ心地なのに、聞いている感じはカナル型っぽいという今までに出会ったことのない感覚を味わいました。

コーデックはSBC、そしてAACとapt-Xに対応しているのでiPhone、Androidどちらでも遅延なく高音質な音楽を聴くことができます。

コーデックとは

音楽データを圧縮する方式のこと。

  • SBC:標準コーデック
  • AAC:主にiPhoneで採用、遅延なく高音質
  • apt-X:主にAndroidで採用、遅延なく高音質

YOBYBO CARD20」は、オシャレで機能性と音質に優れた完全ワイヤレスイヤホンです。

YOBYBO CARD20の評価
デザイン
(5.0)
音質(高音・中音に強い)
(4.0)
連続再生時間(4時間)
(4.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水性能(IPX4)
(3.5)
コスパ
(4.5)
総合評価
(4.5)
YOBYBO CARD20レビューはこちら 【YOBYBO CARD20 レビュー】独自の天窓設計が特徴的な防水性能IPX4のオシャレな薄型完全ワイヤレスイヤホン

COUMI Ear Soul TWS-817A

COUMIコウミの「COUMI Ear Soul TWS-817A」です。

COUMI Ear Soul TWS-817A

防水性能は「IPX7」、雨天やスポーツ時などのを汗を気にせず使えます。

COUMI Ear Soul TWS-817A 防水性能
IPX7とは

完全ワイヤレスイヤホンに採用される最高レベルの防水性能。

一定時間(30分)水に沈めても壊れません。

充電ケースの重さは42 g、イヤホンはペアで9 g(片方4.5 g)です。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

TWSの中でもちょうど中間くらいの重さです。

イヤホンのみで6時間、充電ケースでくり返し充電することで最大30時間連続して再生することができます。

COUMI Ear Soul TWS-817A 連続再生時間

充電ポートはUSB Type-C、付属のケーブルを電源に接続して充電します。

COUMI Ear Soul TWS-817A」は、タッチセンサー式ボタンによる操作が可能です。

COUMI Ear Soul TWS-817A タッチコントロール
操作と機能
  • 1タップ:再生/一時停止
  • 右を2タップ:曲送り
  • 左を2タップ:曲戻し
  • 1タップ:通話応答
  • 1タップ:電話を切る
  • 1~2秒間長押し:通話拒否
  • 3タップ:音声アシスタントを呼び出す

そして気になる音質面

COUMI Ear Soul TWS-817A 音質

特に低音が強く出ていて迫力や臨場感を感じます。

高音もキレイに聴こえていい感じ。

ただ中音の解像度が少し低く、こもった印象を受けました。

全体的なクオリティ、バランスとしては非常に良いと思います。

正直、4,000円前後のリーズナブルなTWSの音とは思えません。

コーデックはSBC、そしてAACを採用しているので特にiPhoneなら遅延なく高音質な音楽を聴くことができます。

コーデックとは

音楽データを圧縮する方式のこと。

  • SBC:標準コーデック
  • AAC:主にiPhoneで採用、遅延なく高音質
  • apt-X:主にAndroidで採用、遅延なく高音質

COUMI Ear Soul TWS-817A」は、専用のEQアプリも用意されクオリティが高くリーズナブルな完全ワイヤレスイヤホンです。

COUMI Ear Soul TWS-817Aの評価
デザイン
(3.5)
音質(高音・低音に強い)
(4.5)
連続再生時間(6時間)
(5.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水性能(IPX7)
(5.0)
コスパ
(4.5)
総合評価
(4.5)
COUMI Ear Soul TWS-817Aレビューはこちら 【COUMI Ear Soul TWS-817A レビュー】最大30時間連続再生、防水性能IPX7で専用のイコライザーアプリもあるコスパ最強の完全ワイヤレスイヤホン

TaoTronics SoundLiberty 88

TaoTronics タオトロニクスの「TaoTronics SoundLiberty 88」です。

TaoTronics SoundLiberty 88

防水性能は「IPX7」、雨天やスポーツ時などのを汗を気にせず使えます。

TaoTronics SoundLiberty 88 防水性能
IPX7とは

完全ワイヤレスイヤホンに採用される最高レベルの防水性能。

一定時間(30分)水に沈めても壊れません。

充電ケースの重さは42 g、イヤホンはペアで9 g(片方4.5 g)です。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

TWSの中でもちょうど中間くらいの重さです。

イヤホンのみで4時間、充電ケースでくり返し充電することで最大25時間連続して再生することができます。

TaoTronics SoundLiberty 88 連続再生時間

充電ポートはUSB Type-C、付属のケーブルを電源に接続して充電します。

TaoTronics SoundLiberty 88」は、タッチセンサー式ボタンによる操作が可能です。

TaoTronics SoundLiberty 88 タッチコントロール
操作と機能
  • 2タップ:再生/一時停止
  • 右を3秒以上長押し:音量+
  • 左を3秒以上長押し:音量-
  • 右を3タップ:進む
  • 左を3タップ:戻る
  • 1タップ:通話応答
  • 2タップ:電話を切る
  • 2秒間長押し:通話拒否
  • 2秒間長押し(ビープ音):音声コントロールオン/オフ
  • 10秒間長押し:ペアリング履歴消去

そして気になる音質面

TaoTronics SoundLiberty 88 音質

インナーイヤー型の特徴でもある音のこもりは多少あるものの、全体的にクリアで聴き心地の良いサウンドを楽しめます。

特に高音・中音がキレイに聴こえるので、インナーイヤー型の軽いつけ心地とマッチしていて爽快感があります。

ただ低音については弱めなので、迫力や臨場感を求める方にとっては少し物足りないかもしれません。

コーデックはSBC、そしてAACを採用しているので特にiPhoneなら遅延なく高音質な音楽を聴くことができます。

コーデックとは

音楽データを圧縮する方式のこと。

  • SBC:標準コーデック
  • AAC:主にiPhoneで採用、遅延なく高音質
  • apt-X:主にAndroidで採用、遅延なく高音質

TaoTronics SoundLiberty 88」は、リモート会議などでも手軽に使えるリーズナブルな完全ワイヤレスイヤホンです。

TaoTronics SoundLiberty 88の評価
デザイン
(3.5)
音質(高音・中音に強い)
(3.5)
連続再生時間(4時間)
(4.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水性能(IPX7)
(5.0)
コスパ
(4.0)
総合評価
(4.0)
TaoTronics SoundLiberty 88レビューはこちら 【TaoTronics SoundLiberty 88 レビュー】ELEVOC AIノイズキャンセリングと自動耳検出機能を搭載した防水性能IPX7の完全ワイヤレスイヤホン

TaoTronics SoundLiberty 92

TaoTronics タオトロニクスの「TaoTronics SoundLiberty 92」です。

TaoTronics SoundLiberty 92

防水性能は「IPX7」、雨天やスポーツ時などのを汗を気にせず使えます。

TaoTronics SoundLiberty 92 防水性能
IPX7とは

完全ワイヤレスイヤホンに採用される最高レベルの防水性能。

一定時間(30分)水に沈めても壊れません。

充電ケースの重さは34 g、イヤホンはペアで9 g(片方4.5 g)です。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

TWSの中でもちょうど中間くらいの重さです。

イヤホンのみで5時間、充電ケースでくり返し充電することで最大25時間連続して再生することができます。

TaoTronics SoundLiberty 92 連続再生時間

充電ポートはUSB Type-C、付属のケーブルを電源に接続して充電します。

TaoTronics SoundLiberty 92」は、タッチセンサー式ボタンによる操作が可能です。

TaoTronics SoundLiberty 92 タッチコントロール
操作と機能
  • 2タップ:再生/一時停止
  • 右を1タップ:音量+
  • 左を1タップ:音量-
  • 右を3タップ:進む
  • 左を3タップ:戻る
  • 1タップ:通話応答
  • 2タップ:電話を切る
  • 2秒間長押し:通話拒否
  • 2秒間長押し(ビープ音):音声コントロールオン/オフ
  • 10秒間長押し:ペアリング履歴消去

そして気になる音質面

TaoTronics SoundLiberty 92 音質

大口径ドライバーを搭載しているので、迫力の低音を楽しめます。

臨場感を求める方にオススメのイヤホンです。

インナーイヤー型特有の音のこもりというのは少し感じます。

コーデックはSBC、そしてAACを採用しているので特にiPhoneなら遅延なく高音質な音楽を聴くことができます。

コーデックとは

音楽データを圧縮する方式のこと。

  • SBC:標準コーデック
  • AAC:主にiPhoneで採用、遅延なく高音質
  • apt-X:主にAndroidで採用、遅延なく高音質

TaoTronics SoundLiberty 92」は、リーズナブルで使いやすいインナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホンです。

TaoTronics SoundLiberty 92の評価
デザイン
(3.5)
音質(低音強め)
(3.5)
連続再生時間(5時間)
(4.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水性能(IPX7)
(5.0)
コスパ
(4.0)
総合評価
(4.0)
TaoTronics SoundLiberty 92レビューはこちら 【TaoTronics SoundLiberty 92 レビュー】シンプルなデザインで防水性能IPX7のインナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン

AU-Stream ANC

Ausoundsオーサウンズの「AU-Stream ANC」です。

AU-Stream ANC

防水性能は「IPX5」、雨天やスポーツ時の汗など気にせず使えます。

AU-Stream ANC 防水性能
IPX5とは

水流による有害な影響を受けません。

ただし、水中での使用は適しません。

充電ケースの重さは45 g、イヤホンはペアで13 g(片方6.5 g)です。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

TWSの中でも少し重めのイヤホンです。

イヤホンのみで6時間、ANCをオンにした場合は最大5時間連続して再生することができます。

AU-Stream ANC 連続再生時間

充電ポートはUSB Type-C、付属のケーブルを電源に接続して充電します。

AU-Stream ANC」は、タッチセンサー式ボタンによる操作が可能です。

AU-Stream ANC タッチコントロール
操作と機能
  • 音楽の再生/一時停止:1回タップ
  • 電話に出る/通話を切る:1回タップ
  • 着信を拒否する:1秒間長押し
  • 次のトラックへスキップ:2回タップ
  • Siri(ボイスアシスタント)起動:3回タップ
  • ANCオン/オフ:1秒間長押し

そして気になる音質面

AU-Stream ANC 音質

全体的に音の解像度が高くクリアで、高音・中音・低音がキレイに聴こえます。

特に低音の迫力は見事で、没入感や臨場感の再現度が高いです。

コーデックはSBC、そしてAACとapt-Xに対応しているのでiPhone、Androidどちらでも遅延なく高音質な音楽を聴くことができます。

コーデックとは

音楽データを圧縮する方式のこと。

  • SBC:標準コーデック
  • AAC:主にiPhoneで採用、遅延なく高音質
  • apt-X:主にAndroidで採用、遅延なく高音質

AU-Stream ANC」は、完成度の高いANC搭載完全ワイヤレスイヤホンです。

AU-Stream ANCの評価
デザイン
(4.5)
音質(バランスが良い)
(5.0)
連続再生時間(6時間)
(4.0)
音声操作(あり)
(4.5)
防水性能(IPX5)
(4.0)
コスパ
(4.0)
総合評価
(4.5)
AU-Stream ANCレビューはこちら 【AU-Stream ANC レビュー】ANC搭載でクールな見た目が印象的な防水性能IPX5完全ワイヤレスイヤホン

dyplay ANC-Shield Pro

dyplayダイプレイの「dyplay ANC-Shield Pro」です。

dyplay ANC-Shield Pro

防水性能は「生活防水」となっています。

dyplay ANC-Shield Pro 防水性能
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

等級はありませんが、汗や小雨程度であれば問題ないようです。

充電ケースの重さは37 g、イヤホンはペアで11 g(片方5.5 g)です。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

TWSの中では中間くらいの重さです。

イヤホンのみで8時間、充電ケースでくり返し充電することで最大32時間連続して再生することができます。

dyplay ANC-Shield Pro 連続再生時間

充電ポートはUSB Type-C、付属のケーブルを電源に接続して充電します。

dyplay ANC-Shield Pro」は、タッチセンサー式ボタンによる操作が可能です。

dyplay ANC-Shield Pro タッチコントロール
操作と機能
  • 再生する:右を1回タッチ
  • 一時停止する:右を1回タッチ
  • 曲送り:右を2秒長押し
  • 曲戻し:左を2秒長押し
  • 電話を受ける:1回タッチ
  • 電話を切る:1回タッチ
  • 着信拒否:2秒長押し
  • 音量を上げる:右を2回タッチ
  • 音呂を下げる:左を2回タッチ
  • モード切替:左を1回タッチ
  • 音声コントロール起動(Siri):3回タッチ

そして気になる音質面

dyplay ANC-Shield Pro 音質

高音、中音、低音、どれかに寄らずバランスがよく解像度の高いクリアな音が鳴ります。

特に低音は迫力で、臨場感が素晴らしい。

この低音の強調というのは、イヤーピースの交換、そしてANCの使用によって段階が変わります。

フラットなのが通常イヤーピース、そこからウレタン製のものに変えると一段回低音が増します。

そこでANCをオンにすると迫力と臨場感のある低音を体感できる、といった感じです。

コーデックはSBC、そしてAACを採用しているので特にiPhoneなら遅延なく高音質な音楽を聴くことができます。

コーデックとは

音楽データを圧縮する方式のこと。

  • SBC:標準コーデック
  • AAC:主にiPhoneで採用、遅延なく高音質
  • apt-X:主にAndroidで採用、遅延なく高音質

dyplay ANC-Shield Pro」は、1万前後で買えるANC搭載完全ワイヤレスイヤホンの中では軍を抜いてコスパの良い製品です。

dyplay ANC-Shield Proの評価
デザイン
(3.5)
音質(バランスが良い)
(4.0)
連続再生時間(8時間)
(5.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水性能(生活防水)
(3.0)
コスパ
(4.0)
総合評価
(4.0)
dyplay ANC-Shield Proレビューはこちら 【dyplay ANC-Shield Pro レビュー】ANC搭載で最大32時間連続再生できるウレタン製イヤーピース付属の完全ワイヤレスイヤホン

cheero Wireless Earphones Bluetooth 5.1

cheeroチーロの「cheero Wireless Earphones Bluetooth 5.1」です。

cheero Wireless Earphones Bluetooth 5.1

ユニークなデザイン「ダンボーバージョン」も用意されています。

cheero Wireless Earphones Bluetooth 5.1 ダンボーバージョン

防水性能は「IPX5」、雨天やスポーツ時の汗など気にせず使えます。

cheero Wireless Earphones Bluetooth 5.1 防水性能
IPX5とは

水流による有害な影響を受けません。

ただし、水中での使用は適しません。

充電ケースの重さは84 g、イヤホンはペアで10 g(片方5 g)です。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

イヤホンはTWSの中では中間くらいの重さですが、充電ケースはかなり重めです。

イヤホンのみで10時間、充電ケースでくり返し充電することで最大180時間連続して再生することができます。

cheero Wireless Earphones Bluetooth 5.1 連続再生時間
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_odoroki_icon_new.jpgイツキ

充電ケースはモバイルバッテリーとしても使えるので、連続再生時間は圧倒的です。

充電ポートはUSB Type-C、付属のケーブルを電源に接続して充電します。

cheero Wireless Earphones Bluetooth 5.1」は、タッチセンサー式ボタンによる操作が可能です。

cheero Wireless Earphones Bluetooth 5.1 タッチコントロール
操作と機能
  • 再生する:1回タッチ
  • 一時停止する:1回タッチ
  • 曲送り:右を2回タッチ
  • 曲戻し:左を2回タッチ
  • 電話を受ける:1回タッチ
  • 電話を切る:1回タッチ
  • 着信拒否:2回タッチ
  • 音量を上げる:右を長押し
  • 音呂を下げる:左を長押し
  • 音声コントロール起動(Siri):3回タッチ

そして気になる音質面

cheero Wireless Earphones Bluetooth 5.1 音質

これは評価がムズカシイところですが…私は「値段相応」だと思いました。

安物イヤホンの音だ、とは思いませんが、かと言ってこの価格帯でこのレベルの音が聴けるのか!とも思いません。

個人的にはもうちょっと低音の響きが欲しかったです。

ここが薄いので迫力や臨場感、というのをあまり感じられませんでした。

高音、中音は出ているんですけどね。

音の聞こえ方も「インナーイヤー型」に近いです。

ですので密閉感は少なく、周囲の音も聞こえやすい。

コーデックはSBC、そしてAACとapt-Xに対応しているのでiPhone、Androidどちらでも遅延なく高音質な音楽を聴くことができます。

コーデックとは

音楽データを圧縮する方式のこと。

  • SBC:標準コーデック
  • AAC:主にiPhoneで採用、遅延なく高音質
  • apt-X:主にAndroidで採用、遅延なく高音質

cheero Wireless Earphones Bluetooth 5.1」は、手頃な価格でモバイルバッテリーとしても使える完全ワイヤレスイヤホンです。

cheero Wireless Earphones Bluetooth 5.1の評価
デザイン
(4.0)
音質
(2.0)
連続再生時間(10時間)
(5.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水性能(IPX5)
(4.0)
コスパ
(3.5)
総合評価
(3.5)
cheero Wireless Earphones Bluetooth 5.1レビューはこちら 【cheero Wireless Earphones Bluetooth 5.1 レビュー】防水性能IPX5、aptXにも対応しモバイルバッテリー機能も搭載した完全ワイヤレスイヤホン【CHE-627】

M-SOUNDS MS-TW21

M-SOUNDSエムサウンズの「M-SOUNDS MS-TW21」です。

M-SOUNDS MS-TW21

防水性能は「IPX4」、雨天やスポーツ時の汗など気にせず使えます。

M-SOUNDS MS-TW21 防水性能
IPX4とは

水の飛沫からの保護です。

水流や水没は厳禁です。

充電ケースの重さは37 g、イヤホンはペアで9 g(片方4.5 g)です。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

TWSの中では軽めのイヤホンです。

イヤホンのみで9.5時間、充電ケースでくり返し充電することで最大47.5時間連続して再生することができます。

M-SOUNDS MS-TW21 連続再生時間
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_odoroki_icon_new.jpgイツキ

本体が軽めな上、この再生可能時間は驚異的です!

充電ポートはUSB Type-C、付属のケーブルを電源に接続して充電します。

M-SOUNDS MS-TW21」は、タッチセンサー式ボタンによる操作が可能です。

M-SOUNDS MS-TW21 タッチコントロール
操作と機能
  • 再生する:1回クリック
  • 停止する:1回クリック
  • 曲送り:右を2回連続クリック
  • 曲戻し:左を2回連続クリック
  • 電話を受ける:1回クリック
  • 電話を切る:1回クリック
  • 着信拒否:長押し
  • 音量を上げる:右を長押し
  • 音量を下げる:左を長押し
  • 音声コントロール起動(Siri):2回連続クリック

そして気になる音質面

M-SOUNDS MS-TW21 音質

解像度の高い、シャープな音が鳴ります。

低音、中音、高音、どれかに寄るわけでもなく、一言で言えばバランスが良い

その上で低音もしっかりと出ているので、臨場感や迫力といった点も申し分なし。

ほとんど誰もが「いいイヤホンだね」と感想する、そんなクオリティに仕上がっていると思います。

コーデックはSBC、そしてAACとapt-Xに対応しているのでiPhone、Androidどちらでも遅延なく高音質な音楽を聴くことができます。

コーデックとは

音楽データを圧縮する方式のこと。

  • SBC:標準コーデック
  • AAC:主にiPhoneで採用、遅延なく高音質
  • apt-X:主にAndroidで採用、遅延なく高音質

M-SOUNDS MS-TW21」は、デザインもおしゃれでコスパの高い完全ワイヤレスイヤホンです。

M-SOUNDS MS-TW21の評価
デザイン
(4.5)
音質(バランスが良い)
(4.5)
連続再生時間(9.5時間)
(5.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水性能(IPX4)
(3.5)
コスパ
(4.0)
総合評価
(4.0)
M-SOUNDS MS-TW21レビューはこちら 【M-SOUNDS MS-TW21 レビュー】充電ケース付き防水性IPX4で高コスパオシャレな完全ワイヤレスイヤホン

M-SOUNDS MS-TW3

M-SOUNDSエムサウンズの「M-SOUNDS MS-TW3」です。

M-SOUNDS MS-TW3

防水性能は「IPX7」、雨天やスポーツ時の汗など気にせず使えます。

M-SOUNDS MS-TW3 防水性能
IPX7とは

完全ワイヤレスイヤホンに採用される最高レベルの防水性能。

一定時間(30分)水に沈めても壊れません。

充電ケースの重さは51 g、イヤホンはペアで11 g(片方5.5 g)です。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

TWSの中では少しだけ重ためになります。

イヤホンのみで10時間、充電ケースでくり返し充電することで最大60時間連続して再生することができます。

M-SOUNDS MS-TW3 連続再生時間
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_hirameki_icon_new.jpgイツキ

少し重ための本体は、この連続再生時間のためにあると言えるでしょう!

充電ポートはMicro USB、付属のケーブルを電源に接続して充電します。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_manuke_icon_new.jpgイツキ

できればUSB Type-Cに対応してくれたら最高でした…!

M-SOUNDS MS-TW3」は、タッチセンサー式ボタンによる操作が可能です。

M-SOUNDS MS-TW3 タッチコントロール
操作と機能
  • 再生する:1回タップ
  • 停止する:2回連続タップ
  • 曲送り:右を長押し
  • 曲戻し:左を長押し
  • 電話を受ける:1回タップ
  • 電話を切る:長押し
  • 着信拒否:長押し
  • 音量を上げる:右を1回タップ
  • 音量を下げる:左を1回タップ
  • 音声コントロール起動(Siri):3回連続タップ

そして気になる音質面

M-SOUNDS MS-TW3 音質

付属の標準イヤーピースは薄く装着時の違和感が少なく、高音が強め(軽め)に出る印象。

SpinFitイヤーピースは厚めで存在感があり、低音が強く出て迫力があります。

コーデックはSBC、そしてAACとapt-Xに対応しているのでiPhone、Androidどちらでも遅延なく高音質な音楽を聴くことができます。

コーデックとは

音楽データを圧縮する方式のこと。

  • SBC:標準コーデック
  • AAC:主にiPhoneで採用、遅延なく高音質
  • apt-X:主にAndroidで採用、遅延なく高音質

M-SOUNDS MS-TW3」は、美しいデザイン、豊富な連続再生時間、申し分のない防水性能を備えた完全ワイヤレスイヤホンです。

M-SOUNDS MS-TW3の評価
デザイン
(4.5)
音質(バランスが良い)
(4.5)
連続再生時間(10時間)
(5.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水性能(IPX7)
(5.0)
コスパ
(4.5)
総合評価
(4.5)
M-SOUNDS MS-TW3レビューはこちら 【M-SOUNDS MS-TW3 レビュー】充電ケース付き防水性能IPX7で迫力の低音が特徴的な完全ワイヤレスイヤホン

GLIDiC Sound Air TW-6000

GLIDiCグライディックの「GLIDiC Sound Air TW-6000」です。

GLIDiC Sound Air TW-6000

充電ケースの重さは36 g、イヤホンはペアで9 g(片方4.5 g)です。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

TWSの中でも軽めです。

イヤホンのみで7時間、充電ケースでくり返し充電することで最大21時間連続して再生することができます。

GLIDiC Sound Air TW-6000 連続再生時間

充電ポートはMicro USB、付属のケーブルを電源に接続して充電します。

GLIDiC Sound Air TW-6000」は、多機能ボタンによる操作が可能です。

GLIDiC Sound Air TW-6000 多機能ボタン
操作と機能
  • 電話を受ける:どちらかを1回押す
  • 通話終了/着信拒否:どちらかを長押し
  • 再生/停止:どちらかを1回押す
  • 曲送り:右を2秒長押しする
  • 曲戻し:左を2秒長押しする
  • 音量上げる:右を2回押す
  • 音量下げる:左を2回押す
  • 音声コントール(Siri)起動/終了:どちらかを3回押す

そして気になる音質面

GLIDiC Sound Air TW-6000 音質

解像度が高く、そのクリアな音に少し鳥肌が立ちました。

高音もキレイにハッキリと聞こえ、ボーカルもきわ立っています。

しかしやはりこのイヤホンの特徴は低音でしょう。

強めだけれども、不快にならないくらいのちょうど良い低音が鳴り、没入感を高めてくれます。

コーデックはSBC、そしてAACとapt-Xに対応しているのでiPhone、Androidどちらでも遅延なく高音質な音楽を聴くことができます。

コーデックとは

音楽データを圧縮する方式のこと。

  • SBC:標準コーデック
  • AAC:主にiPhoneで採用、遅延なく高音質
  • apt-X:主にAndroidで採用、遅延なく高音質

GLIDiC Sound Air TW-6000」は、1つ上のレベルのクオリティを実感できる完全ワイヤレスイヤホンです。

GLIDiC Sound Air TW-6000の評価
デザイン
(4.0)
音質(強めの低音)
(5.0)
連続再生時間(7時間)
(4.5)
音声操作(あり)
(5.0)
防水性能(なし)
(1.0)
コスパ
(4.0)
総合評価
(4.5)
GLIDiC Sound Air TW-6000レビューはこちら 【GLIDiC Sound Air TW-6000 レビュー】デザインも可愛い充電ケース付きTWS Plus対応完全ワイヤレスイヤホン

TaoTronics SoundLiberty 77

TaoTronicsタオトロニクスの「TaoTronics SoundLiberty 77」です。

TaoTronics SoundLiberty 77

防水性能は「IPX7」、雨天やスポーツ時の汗など気にせず使えます。

TaoTronics SoundLiberty 77 防水性能
IPX7とは

完全ワイヤレスイヤホンに採用される最高レベルの防水性能。

一定時間(30分)水に沈めても壊れません。

充電ケースの重さは34 g、イヤホンはペアで10 g(片方5 g)です。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

TWSの中では中間くらいの重さです。

イヤホンのみで5時間、充電ケースでくり返し充電することで最大20時間連続して再生することができます

TaoTronics SoundLiberty 77 連続再生時間

充電ポートはMicro USB、付属のケーブルを電源に接続して充電します。

TaoTronics SoundLiberty 77」は、タッチセンサー式ボタンによる操作が可能です。

TaoTronics SoundLiberty 77 タッチコントロール
操作と機能
  • 2タップ:再生/一時停止
  • 右を1タップ:音量+
  • 左を1タップ:音量-
  • 右を3タップ:進む
  • 左を3タップ:戻る
  • 1タップ:通話応答
  • 2タップ:電話を切る
  • 2秒間長押し:通話拒否
  • 2秒間長押し(ビープ音):音声コントロールオン/オフ
  • 10秒間長押し:ペアリング履歴消去

そして気になる音質面

TaoTronics SoundLiberty 77 音質

付属のイヤーピースは好みが分かれるので、交換してみてもいいかもしれません。

私も別のものにしたら音質が大幅に向上しました。

高音も低音もバランス良く出ていて聴きやすくなった印象です。

コーデックはSBC、そしてAACを採用しているので特にiPhoneなら遅延なく高音質な音楽を聴くことができます。

コーデックとは

音楽データを圧縮する方式のこと。

  • SBC:標準コーデック
  • AAC:主にiPhoneで採用、遅延なく高音質
  • apt-X:主にAndroidで採用、遅延なく高音質

TaoTronics SoundLiberty 77」は1万円以下で買えるリーズナブルでコスパの良い完全ワイヤレスイヤホンです。

TaoTronics SoundLiberty 77の評価
デザイン
(3.5)
音質
(3.0)
連続再生時間(5時間)
(4.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水性能(IPX7)
(5.0)
コスパ
(4.0)
総合評価
(4.0)
TaoTronics SoundLiberty 77レビューはこちら 【TaoTronics SoundLiberty 77 レビュー】充電ケース付き防水性能IPX7左右同時伝送対応ワイヤレスイヤホン

cheero Wireless Earphones Light Style

cheeroチーロの「cheero Wireless Earphones Light Style」です。

cheero Wireless Earphones Light Style

防水性能は「IPX5」、雨天やスポーツ時の汗など気にせず使えます。

cheero Wireless Earphones Light Style 防水性能
IPX5とは

水流による有害な影響を受けません。

ただし、水中での使用は適しません。

充電ケースの重さは28 g、イヤホンはペアで8 g(片方4 g)です。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

TWSの中ではかなり軽いほうです!

イヤホンのみで5時間、充電ケースでくり返し充電することで最大17.5時間連続して再生することができます。

cheero Wireless Earphones Light Style 連続再生時間

充電ポートはUSB Type-C、付属のケーブルを電源に接続して充電します。

cheero Wireless Earphones Light Style」は、タッチセンサー式ボタンによる操作が可能です。

cheero Wireless Earphones Light Style タッチコントロール
操作と機能
  • 2タップ:再生、停止、通話開始/終了
  • 右を3タップ:次の曲
  • 左を3タップ:前の曲
  • 音楽再生なしで3タップ:Siri起動(iPhone、iPadの場合)

そして気になる音質面

cheero Wireless Earphones Light Style 音質

一般的にインナーイヤー型は低音が弱い傾向があります。

ただこのイヤホンの低音はけっこうスゴくズンズンと響き、臨場感があります。

かと言って低音に寄りすぎているわけではなく、低音・中音・高音がキレイに出ている印象です。

いわゆる安物イヤホンのシャカシャカとした軽い感じは一切ありません。

コーデックはSBC、そしてAACを採用しているので特にiPhoneなら遅延なく高音質な音楽を聴くことができます。

コーデックとは

音楽データを圧縮する方式のこと。

  • SBC:標準コーデック
  • AAC:主にiPhoneで採用、遅延なく高音質
  • apt-X:主にAndroidで採用、遅延なく高音質

cheero Wireless Earphones Light Style」は、軽くて持ち運びにも便利なインナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホンです。

cheero Wireless Earphones Light Styleの評価
デザイン
(3.5)
音質
(4.0)
連続再生時間(5時間)
(4.0)
音声操作(あり)
(4.5)
防水性能(IPX5)
(4.0)
コスパ
(4.0)
総合評価
(4.0)
cheero Wireless Earphones Light Styleレビューはこちら 【cheero Wireless Earphones Light Style レビュー】充電ケース付き防水性能IPX5の超軽量完全ワイヤレスイヤホン【CHE-626】

コスパ最強の完全ワイヤレスイヤホンランキングまとめ

本記事では「コスパ最強の完全ワイヤレスイヤホンランキング13選」について書きました。

「完全ワイヤレスイヤホン」と一口で言ってもデザインや性能、価格も千差万別、様々な製品があります。

本記事に書いた選ぶときに見るべきポイントランキングを参考に、好みにあったあなたにとってベストだと思える完全ワイヤレスイヤホンを探し出してみてください。

この記事は新しい完全ワイヤレスイヤホンをレビュー次第、随時更新していきます!

完全ワイヤレスイヤホンBEST4
モバイルは左スライドで全表示
製品名重量(片耳/ケース)連続再生時間連続再生時間(ケース併用)ドライバー防水性能対応コーデック充電ポート
TaoTronics SoundLiberty 945.5 g/39 g8時間32時間9.2 mmダイナミックドライバーIPX4SBC/AACUSB Type-C
YOBYBO CARD203 g/28 g4時間20時間13 mmダイナミックドライバーIPX4SBC/AAC/apt-XUSB Type-C
COUMI Ear Soul TWS-817A4.5 g/45 g6時間30時間6mmドライバーIPX7SBC/AACUSB Type-C
TaoTronics SoundLiberty 884.5 g/42 g4時間25時間10mmダイナミックドライバーIPX7SBC/AACUSB Type-C
TaoTronics SoundLiberty 924.5 g/34 g5時間25時間13mm大口径ドライバーIPX7SBC/AACUSB Type-C
AU-Stream ANC6.5 g/45 g6時間非表記13mm AU-チタニウムドライバーIPX5SBC/AAC/apt-XUSB Type-C
dyplay ANC-Shield Pro5.5 g/37 g8時間32時間9.2mmダイナミックドライバー生活防水SBC/AACUSB Type-C
cheero Wireless Earphones Bluetooth 5.15 g/84 g10時間180時間非表記IPX5SBC/AAC/apt-XUSB Type-C
M-SOUNDS MS-TW214.5 g/37 g9.5時間47.5時間6mmダイナミックドライバーIPX4SBC/AAC/apt-XUSB Type-C
M-SOUNDS MS-TW35.5 g/51 g10時間60時間5.9mmダイナミックドライバーIPX7SBC/AAC/apt-XMicro USB
GLIDiC Sound Air TW-60004.5 g/36 g7時間21時間6mmダイナミックドライバーなしSBC/AAC/apt-XMicro USB
TaoTronics SoundLiberty 775 g/34 g5時間20時間6mm PEEK+PU製 ハイブリッド仕様 ダイナミック型ドライバーIPX7SBC/AACMicro USB
cheero Wireless Earphones Light Style4 g/28 g5時間17.5時間非表記IPX5SBC/AACUSB Type-C