MENU

イツキ

イツキです。最新ガジェットや家電を使って、家族みんなが効率的で快適な暮らしができることを目指しています。

Amazonや楽天を中心に新商品をチェックしながら、レビューブログ「ガジェルバ」を運営中。

他にもインテリアやお酒の情報を紹介している「サイガログ」、恋愛リアリティショーのレビューをしている「サケコイ」のブログもどうぞ。

ご感想やご意見、製品レビューのご依頼はお気軽にお問い合わせフォームまで。

Amazonチャージで1000ポイントゲット

【Botanium レビュー】土と水と栄養素をセットして育つのを待つだけ!エコでオシャレな水耕栽培プランター

こんにちは、植物を育てるのが大好きなイツキ(@saigalog)です。

今までにも自分の経験を踏まえて

こんな記事を書いたりしています。

最近ではなかなか時間が割けない、ということもありフェイクグリーンを買ってのある生活を楽しんだりもしています。

ただこれらの記事でも書いたのですが、植物は生き物なので環境が整っていなかったりお世話ができていないと枯れてしまうんですよね。

それも意外とあっさりと。

これまで何かしら植物を育てたことがある方は少なからず同じ経験をしているのではないでしょうか。

土と種だけ用意して、あとは勝手に育つのを待つだけで葉っぱや実が食べられたらいいのにな。

でもそんな都合の良い話あるわけ…あったんです笑。

それを実現してくれるのが今回レビューする「Botaniumボタニアム」。

スウェーデン発の本製品は水耕栽培プランターで、デザインはスタイリッシュでオシャレです。

タンクに水を入れ栄養素を混ぜて、土の代わりのハイドロボールに種を植えて電源に接続すればそれだけでOK。

定期的に自動で散水してくれて、ハイドロボールが適度に水と栄養素を保持します。

もちろん無臭で、菌や害虫が発生することもありません。

この記事では、そんな夢のような自動植物育成プランター「Botanium」を細かくレビューしていきます!

Makuake

本製品は、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます(2020年6月29日まで)。

お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

Botaniumの同梱物

Botanium」の外箱はその名のとおりボタニカルな雰囲気ただようオシャレなデザインです。

Botanium 外箱

裏面には製品の仕様が記載されています。

Botanium 外箱裏面

同梱物として以下のものが入っています。

Botanium 同梱物
Botaniumの同梱物
  • ボタニアム本体
  • ハイドロボール(成長培地)
  • 液体栄養剤
  • USBアダプタ
  • ユーザーマニュアル
  • クイックスタートガイド

土の代わりに使用するハイドロボール

Botanium ハイドロボール
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/01/itsuki_icon.jpgイツキ

市販のハイドロボールを使うこともできます。

こちらは液体栄養剤、フタを開けるとスポイトタイプになっています。

Botanium 液体栄養剤
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/01/itsuki_icon.jpgイツキ

液体栄養剤ももちろん市販のものを使えます!

海外仕様のUSBアダプタはタイプBです。

Botanium 海外用USBアダプタ

日本ではこちらを使いましょう。

本体とはUSB Type-Aで接続します。

Botanium USBアダプタ

Botaniumのスペック

Botanium」は好きな植物の種を植えて食卓で食べられる、オシャレな水耕栽培プランターです。

Botanium

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名Botanium
本体サイズ上部直径100 mm、下部直径135 mm、高さ250 mm
重さ406 g
電源5V 1A
使用電力5mA/日
散水頻度3時間ごと

外観

外装はマットな質感、シンプルで洗練されたオシャレなデザインです。

Botanium 外観

カラーバリエーションはレビューしている「スモークホワイト」をあわせて全3色

Botanium カラーバリエーション
Botaniumのカラバリ
  • ローレルグリーン
  • スモークホワイト
  • アッシュグレー

ハイドロボールを入れるところを上から覗くとこんな感じ。

Botanium 上から覗く
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/01/itsuki_icon.jpgイツキ

フチの円に沿って散水口が5箇所ついています。

こちらはハイドロボールが入る容器を取り外し、底の部分を見たところ。

Botanium ハイドロボールの底面

本体の上から下にかけて流れる曲線美

Botanium 曲線美

水が入るタンクも上から覗いてみました。

Botanium タンクを覗く

底には水を汲み上げるポンプがあり、仕様が記載されています。

Botanium ポンプ
ポンプの仕様

Brushless DC Pump

AD102-0508B

Input:DC 5V

Current:180mA

Hmax:80cm

Qmax:170L/h

Giant Electnic Tech Inc

MADE IN CHINA

IPX8

底面には5箇所、滑り止め用のゴムが貼られています。

Botanium 底面

本体に付属しているUSB Type-Aケーブルは約190 cmです。

Botanium ケーブル

海外用のUSBアダプタ(タイプB)の側面には仕様が記載されています。

Botanium 海外用USBアダプタ仕様
海外用USBアダプタの仕様

Power Supply

MODEL:SAW068-050-1000G

INPUT:100-240Vac 50/60Hz 0.3A

OUTPUT:5V 1000mA

もちろん日本用のUSBアダプタにも仕様が記載されています。

Botanium USBアダプタ仕様
日本用USBアダプタの仕様

AC Adapter

Model:YS-03

Input:AC100-240V 50/60Hz 0.5A

Output:DC 5V 1A

PSEマークも刻印されているので安心して使えますね。

PSEマークとは

電気用品安全法は、電気製品が原因の火災や感電などから消費者を守るために施行された法律で、日本国内で100Vコンセントに接続して使用されるほとんど全ての民生用電気製品が対象となる安全規格です。

この法律により、メーカーや輸入業者は、消費者が区別できるよう適合製品にPSEマークをつけて販売することを義務付けられています。

余談ですが、見た目も仕様もiPhone付属のACアダプタにそっくりです。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/01/itsuki_icon.jpgイツキ

パッと見、どっちだかわかりません笑。

サイズ・重量

Botanium」の上部の直径は100 mmです。

Botanium 上部直径

下部の直径は135 mm

Botanium 下部直径

高さは250 mmでした。

Botanium 高さ

スマホと比較するとこんな感じのサイズ感。

重さ(ケーブル込み)は406 gでした。

Botanium 重さ

機能

水耕栽培プランター「Botanium」はこんな人におすすめです。

Botanium おすすめ

独自の技術で一定間隔(3時間ごと)で水を汲み上げ、効果的に散水するので水やりのタイミングや過不足を心配する必要がありません

Botanium 自動散水
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/01/itsuki_icon.jpgイツキ

ほっとけばいいので楽ちんです♪

北欧のミニマリズムと呼ばれるデザインスタイルで、スタイリッシュでオシャレなのでどんなインテリアにもマッチします。

Botanium デザイン

土の代わりに使う「ハイドロボール」は無菌で清潔、無臭、害虫も発生しません。

Botanium ハイドロボール
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/01/itsuki_icon.jpgイツキ

子どものいる家では特に重宝しそうです。

電気は1日に合計10分程度、約5mWの電力しか使わない省エネ設計。

使った水はもう一度タンクに貯まり、何度も再利用されます。

Botanium 省エネ

Botanium」ではこんな植物を育てることができます(一例)。

Botanium 育てられる植物
育てられる植物
  • バジル
  • トマト
  • トウガラシ
  • 葉物野菜
  • いちご
  • ワサビ

Botanium」で育てるといろいろなことが効率的になります。

Botaniumの特徴
  • 生産性が安定&向上
  • 手間がかからない
  • 土壌を媒介とする害虫なし
  • 無菌のハイドロボール
  • 自動散水システム
  • 早い成長
  • 明確な水位レベル表示
  • 水やり過ぎによる根枯らしなし
  • 効率的な水利用
  • ビタミンを多く含有
  • 農薬の必要なし
  • 室内の小さなスペースで栽培可能
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/01/itsuki_surprise_icon.jpgイツキ

メリット多すぎ!

日当たりがあまり良くなくても、蛍光灯やLEDの下に置けば日光を当てている代わりになります。

Botanium LED

水が少なくなったら、タンクいっぱいの水に4ピペット分の栄養剤を入れましょう。

Botanium 水交換
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/01/itsuki_icon.jpgイツキ

月に1回古い水を捨てて、タンク内をすすぎます。

トマトやトウガラシなど実のなるものを育てる場合は、花が咲いたらすぐにタンクいっぱいの水に4ピペット分の栄養剤を入れます。

Botanium 栄養剤頻度

ここからは実際に「Botanium」に種を植える流れを説明していきます。

Botanium 種
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/01/itsuki_icon.jpgイツキ

今回は大葉(しそ)を用意しました!

タンクに水を入れます
Botanium 水
Botanium メモリ

イツキ

約800 mlほど入りました。
栄養素を水に入れます
Botanium 栄養剤を入れる

イツキ

4ピペットが適量です。
ハイドロボールを入れます
Botanium ハイドロボールを入れる
種を植えます
Botanium 種を植える
電源に接続します
Botanium 電源に接続
あとは育つのを待つだけ!

電源につないだら自動的に散水されている様子を見ることができました。

Botanium 散水の様子
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/01/itsuki_icon.jpgイツキ

チョロチョロという水音に癒やされます♪

Makuake

本製品は、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます(2020年6月29日まで)。

大葉(しそ)の成長過程

この記事では「Botanium」で育てた大葉(しそ)の成長過程を記録していきます。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/01/itsuki_icon.jpgイツキ

乞うご期待!

Botaniumのレビューまとめ

本記事では「【Botanium レビュー】土と水と栄養素をセットして育つのを待つだけ!エコでオシャレな水耕栽培プランター」について書きました。

この記事を公開した時点ではまだ種を植えただけなので、実際に育ち葉っぱを食べられるところまではお見せできていません。

今回植えた大葉(しそ)は35日前後で収穫できるようなので、それまでに変化があったことをこの記事に記載して更新していく予定です。

それにしても一通りセッティングしましたが、カンタンすぎてビックリしました。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/01/itsuki_icon.jpgイツキ

これで葉っぱや実がなって食べられるんですから、まさに夢のようですね笑。

家の中で手軽に植物を育ててみたい、という方はぜひ「Botanium」を選んでみてはいかがでしょうか。

Makuake

本製品は、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます(2020年6月29日まで)。

Instagram
YouTube
Twitter
Feedly
SHARE