Amazonチャージで1000ポイントゲット

【Dragon Touch NotePad 102 レビュー】大画面ディスプレイと大容量バッテリーを搭載したリーズナブルなAndroid10タブレット

こんにちは、手軽に使えるリーズナブルな中華タブレットが生活必需品になっているイツキ(@saigalog)です。

今回レビューする「Dragon Touch NotePadドラゴンタッチ ノートパッド 102」もその中の1つ。

ディスプレイは1280 × 800の解像度で10.1インチの大画面。

8コアCPUと3GBのメモリを搭載しているのでアプリやゲーム、ブラウザの起動も早く、動作もスムーズです。

そしてバッテリーは6000mAhと大容量で、フル充電すれば長時間使い続けることができます。

重さは540 gと軽量で使いやすいAndroidタブレット「Dragon Touch NotePad 102」を、本記事では細かくレビューしていきます!

お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

Dragon Touch NotePad 102の同梱物

Dragon Touch NotePad 102」の外箱は、白基調でシンプルなデザインです。

Dragon Touch NotePad 102 外箱

同梱物として以下のものが入っています。

Dragon Touch NotePad 102 同梱物
Dragon Touch NotePad 102の同梱物
  • タブレット本体
  • USB Type-A to Cケーブル
  • ACアダプター
  • SDカードスロットピン
  • ユーザーマニュアル

一見SIMピンに見えるこちらは、microSDカードスロットを開けるためのピンです。

Dragon Touch NotePad 102 SDカードスロットピン

充電用のUSB Type-C to Aケーブルの長さは約100 cm

Dragon Touch NotePad 102 USBケーブル

ACアダプターはUSB Type-Aに対応しています。

Dragon Touch NotePad 102 ACアダプター

ACアダプターには仕様が記載されていました。

Dragon Touch NotePad 102 ACアダプター仕様
記載の仕様

POWER ADAPTER

品番:GA-0502000J

入力:100-240V ~ 50/60Hz 0.6A

出力:5V 2000mA

PSEマークも刻印されているので安心して使えますね。

PSEマークとは

電気用品安全法は、電気製品が原因の火災や感電などから消費者を守るために施行された法律で、日本国内で100Vコンセントに接続して使用されるほとんど全ての民生用電気製品が対象となる安全規格です。

この法律により、メーカーや輸入業者は、消費者が区別できるよう適合製品にPSEマークをつけて販売することを義務付けられています。

Dragon Touch NotePad 102のスペック

Dragon Touch NotePad 102」はCPU8コア搭載でメモリ3GB、解像度は1280 × 800の10.1インチAndroidタブレットです。

Dragon Touch NotePad 102

このタブレットは主に8つの特徴があります。

Dragon Touch NotePad 102 特徴
NotePad 102の特徴
  • 10.1インチスクリーン
  • Android 10.0
  • Octa-Core(CPU)
  • 1280 × 800 FHD IPS
  • RAM 3GB
  • 6000mAh
  • ROM 32GB
  • WiFi 2.4GHz + 5.0GHz

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/09/itsuki_naki_icon_new.jpgイツキ

「FHD」というのはFull High Definition(1920 × 1080)のことなので、表記ミスかもしれません。

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名Dragon Touch NotePad 102
サイズ162 × 243 × 8
重さ540 g
電池1 リチウムイオン 電池
画面サイズ10.1 インチ
解像度1280 × 800
CPUブランドOcta-core
CPUタイプ68000
CPU速度1.6 GHz
プロセッサ数8
RAM容量3 GB
メモリタイプDDR3 SDRAM
HDD容量32 GB
ハードディスク種類SSD
HDDインターフェイスUSB 2.0/3.0
グラフィックアクセラレータLCD
通信形式GPS
電源USB Type-C
ハードウェアプラットフォームPC
OSAndroid 10.1
リチウム電池3.7 ワット時
バッテリー容量6000mAh

外観

Dragon Touch NotePad 102」は開封時、画面部分に説明書きがあるフィルムが貼られています。

Dragon Touch NotePad 102 フィルム
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

当然ですが、剥がしてから使いましょう笑。

手に持つとこんな感じ、基本的に画面側は真っ黒でグレア(光沢)仕様なので反射します。

Dragon Touch NotePad 102 グレア

タブレットを横持ちしたときの上部中央にはフロントカメラがあります。

Dragon Touch NotePad 102 フロントカメラ

裏面はシルバーな金属感のある質感で、中央に「DRAGON TOUCH」のロゴ。

Dragon Touch NotePad 102 背面
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

裏面にもシートが貼ってありますが、キズから保護してくれそうなので私は剥がさず使っています笑。

裏面の右上にはバックカメラフラッシュ

Dragon Touch NotePad 102 カメラとフラッシュ

横持ちしたときの左側面には、左から「電源ボタン」「音量+ボタン」「音量-ボタン」「リセットボタン」が並びます。

Dragon Touch NotePad 102 各種ボタン
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

特に表記はないですが、数も少ないので直感的にわかると思います。

各種ボタンの少し右側にはUSB Type-Cポートがあります。

Dragon Touch NotePad 102 USB Type-Cポート

USB Type-Cポートに付属のACアダプターとUSBケーブルを接続すれば、タブレットを充電することができます。

Dragon Touch NotePad 102 充電
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_hirameki_icon_new.jpgイツキ

Power Delivery(PD)に対応しているので、バッテリー6000mAhを急速充電できます!

また上側面にはmicroSDカードを入れるスロットがあります。

Dragon Touch NotePad 102 SDカードスロット
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

一番右にあるのはイヤホンジャックです。

付属のピンを穴に挿して押し出し、microSDカードをセットします。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

スマホやモバイルルーターのSIMカードのセットと同じ要領ですね!

タブレット横持ち時の下部の中央あたりにはドッキングコネクタがあります。

Dragon Touch NotePad 102 ドッキングコネクタ
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_manuke_icon_new.jpgイツキ

おそらくドッキングステーションなどに接続する端子だと思いますが、確認した限りそのような製品は見当たりませんでした…。

同じく下部側面にはスピーカーが2箇所あります。

サイズ・重量

Dragon Touch NotePad 102」のサイズは162 × 243 mmです。

Dragon Touch NotePad 102 サイズ

厚さは8 mm

Dragon Touch NotePad 102 厚さ

ベゼル(枠)の幅は12 mmです。

Dragon Touch NotePad 102 ベゼル

スマホ(iPhone 11 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

Dragon Touch NotePad 102 スマホと比較

わが家にあるタブレット「iPad Pro 12.9 2020」と比較するとこんな感じです。

Dragon Touch NotePad 102 iPad Proと比較

また、同社の10.1インチタブレット「Dragon Touch MAX10」とも比較してみました。

Dragon Touch NotePad 102 Dragon Touch MAX10と比較
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

同じインチなのでサイズ感はほぼ変わりませんが、「Dragon Touch NotePad 102」のほうがベゼルが狭い印象です。

Dragon Touch MAX10レビューはこちら 【Dragon Touch MAX10 レビュー】高解像度WUXGAで大容量バッテリーを搭載したAndroid9.0タブレットは2万円以下で買える高コスパ

重さは540 gでした。

Dragon Touch NotePad 102 重さ

機能

Dragon Touch NotePad 102」は、IPSパネルを採用し178度の視野角を実現、1280 × 800の高解像度で鮮やかで大きな10.1インチの画面です。

Dragon Touch NotePad 102 ディスプレイ

CPUは8コアの「SC9863A(Octa-core CortexTM A55 )1.6GHz」、メモリは3GB搭載しているので素早いアプリの起動、ゲームプレイや動画再生などがスムーズに行えます。

Dragon Touch NotePad 102 CPU

6000mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、一度フル充電すれば長時間使うことができます。

Dragon Touch NotePad 102 バッテリー
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_odoroki_icon_new.jpgイツキ

最新スマホ「iPhone 11 Pro」は3046mAhなので、それと比較しても2倍近くありますね!

内蔵ストレージは32GBGMS認証済みなのでGoogleのサービスも問題なく使えます。

Dragon Touch NotePad 102 ストレージ
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

Androidのバージョンは「10.1」です!

GPSセンサーを搭載しているので、「Google Maps」のような地図アプリや「Pokemon GO」のような位置情報が必要なゲームでも遊ぶことができます。

Dragon Touch NotePad 102 GPS

フロントカメラの性能は5.0MP、バックカメラの性能は8.0MP

試しにバックカメラで外箱の写真を撮ってみました。

Dragon Touch NotePad 102 カメラの写真
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

メモやちょっとした写真を撮るなら必要十分という印象です。

Dragon Touch NotePad 102のレビューまとめ

本記事では「【Dragon Touch NotePad 102 レビュー】大画面ディスプレイと大容量バッテリーを搭載したリーズナブルなAndroid10タブレット」について書きました。

解像度はFHDではありませんが、720p以上とブラウジングや動画の視聴がメインであれば必要十分

8コアCPUと3GBメモリで動作は快適で、ゲームやアプリもカクつくことなく動かせます。

リーズナブルで使いやすいAndroid10タブレットを探している、という方は2万円以下で買える「Dragon Touch NotePad 102」を選んでみてはいかがでしょうか。