Amazonチャージで1000ポイントゲット

【Inateck iPad Pro 12.9 KB02006 レビュー】Bluetoothキーボードとキックスタンド、7色に光るバックライトが付いた頑丈なiPadケース

こんにちは、iPad Proを買ってから自宅での快適度が抜群に上がったイツキ(@saigalog)です。

基本的にはスマホの拡張ではあるのですが、雑誌や本が読みやすいこと、またノートPCに変わり文書の作成もしやすいのがタブレットの特徴です。

ですが、画面内の仮想キーボードの使い勝手には限界があるのもまた事実。

その弱点を補うものとしてキーボードケースがありますが、以前このブログでも「Inateckイナテック iPad Pro 12.9 KB02010」をレビューしました。

そして今回はさらにカスタマイズ可能なバックライトがついたキーボードケース「Inateck iPad Pro 12.9 KB02006」をレビューします。

頑丈な素材でできたケースや使いやすいキックスタンドが特徴で、一番の目玉は7色に光るバックライト

明るさはもちろん、左右と中央それぞれ色を変えることができ、モードを切り替えればゆっくりと点滅する「ブレスモード」も使えます。

本記事ではそんな「Inateck iPad Pro 12.9 KB02006 キーボードケース」について、実際の使用感も含め詳しくレビューしていきます!

お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

※この記事では「iPad Pro 12.9インチ 2020」に対応した製品をレビューしています。

Inateck iPad Pro 12.9 KB02006 キーボードケースの同梱物

Inateck iPad Pro 12.9 KB02006 キーボードケース」の外箱は、ベージュが基調のシンプルなデザイン。

Inateck iPad Pro 12.9 外箱

同梱物として以下のものが入っています。

Inateck iPad Pro 12.9 同梱物
KB02006の同梱物
  • キーボードケース本体
  • USB Type-A to Micro USBケーブル
  • 取扱説明書
  • キーボード組み立て説明書

付属のUSB Type-A to Micro USBケーブルの長さは約80 cmです。

Inateck iPad Pro 12.9 USBケーブル

Inateck iPad Pro 12.9 KB02006 キーボードケースのスペック

Inateck iPad Pro 12.9 KB02006 キーボードケース」は、2018(第3世代)モデルと2020(第4世代)モデルに対応し、バックライトをカスタマイズできるキックスタンド付きキーボードケースです。

Inateck iPad Pro 12.9 キーボードケース

iPadに装着することで、ノートPCのように使うことができます。

Inateck iPad Pro 12.9 ノートPC

キーボードケースの種類として、レビューしている「iPad Pro 12.9」の他に「iPad Pro 11」も用意されています。

Inateck iPad Pro 12.9 種類
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

お使いのiPadにあった製品を選びましょう!

YouTubeのラジオ風動画「週刊ラジルバ」でもこの製品について触れているので、こちらもぜひチェックしてみてください。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

よければチャンネル登録もお願いします!

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名Inateck iPad Pro 12.9 KB02006 キーボードケース
本体サイズ242 × 289 × 19.5 (mm)
重さ791 g
Bluetooth ver3.0
充電時間3~4時間
作業温度-10 ~ 55℃
Bluetooth動作周波数2402-2480MHZ
Bluetooth送信電力0dBm
キープレス入力60 ± 10g
バッテリー容量650mAh
対応可能iPadモデルiPad Pro 12.9 inch

外観

Inateck iPad Pro 12.9 KB02006 キーボードケース」の外装は、黒基調の頑丈な素材でマットな質感、グリップが効いて滑りにくい仕上がりになっています。

Inateck iPad Pro 12.9 外観

iPadを装着するケース部分の内側はツヤツヤしていて光沢があります。

Inateck iPad Pro 12.9 ケース内側

表面は六角形のハニカム形状になっており、落下時の衝撃を吸収する耐久性に優れたデザインです。

Inateck iPad Pro 12.9 ハニカム形状

ケースとキーボードのちょうど中間あたりにはペンスロットがあるので、「Apple Pencil」を収納することができます。

収納した「Apple Pencil」はキーボードの位置を変えることで、このように隠すこともできます。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

キーボードの奥側を高くすることで斜めになり、キーの打ちやすさもアップします。

また上部にもスロットがあり、ここに「Apple Pencil」を装着することでペアリングと充電することができます。

Inateck iPad Pro 12.9 Apple Pencilペアリング

角は少し膨らむようなデザインで、落下の衝撃などからiPadを守ってくれる構造になっています。

ケース側の外装は黒一色でキックスタンドが付いています。

Inateck iPad Pro 12.9 キックスタンド

スタンドになる板を指でこのように引き出します。

Inateck iPad Pro 12.9 スタンド引き出し

内側には製品の仕様が記載されていました。

Inateck iPad Pro 12.9 製品の仕様

スタンドを垂直に起こしたところ。

Inateck iPad Pro 12.9 スタンドを起こしたところ

スタンドの角度は無段階に調整することができます。

ケース側のカメラ部分、装着するとこんな感じ。

このようにしっかりと収まり、カメラよりもケースが厚いので擦れて傷がつくことから防いでくれます。

Inateck iPad Pro 12.9 カメラ

右側面の音量ボタン

電源ボタン上部スピーカー

もう1つの上部スピーカー

下部スピーカー

USB Type-Cポート

もう1つの下部スピーカー

本体下部にはキーボードを充電するためのMicro USBポートがあります。

Inateck iPad Pro 12.9 Micro USBポート

付属のUSBケーブルを電源と接続することで充電できます。

Inateck iPad Pro 12.9 充電

キーボード側の外装も黒一色で、余計な装飾などは一切ありません。

Inateck iPad Pro 12.9 外装

キーボード部分の全体像はこんな感じ。

Inateck iPad Pro 12.9 キーボード
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

USキーボード(英語配列)です。

このキーボードケースの最大の特徴でもあるバックライトを光らせるとこんな感じです。

Inateck iPad Pro 12.9 バックライト
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/08/emi_icon_neo.jpgエミ

いろんな色に光ってキレイ~♪

寄りで見るとさらにカッコよさがわかります。

Fn」キーと次の各キーを押すことで、色の調整やモードを切り替えることができます。

Inateck iPad Pro 12.9 バックライト調整
バックライトの設定操作

※各キーには「電球マーク」が付いていますが、よりわかりやすくするために本来のキー名称に置き換えています。

  • 「Fn」 + 「A」キー:キーボード左側の色変更
  • 「Fn」 + 「S」キー:キーボード中央の色変更
  • 「Fn」 + 「D」キー:キーボード右側の色変更
  • 「Fn」 + 「スペース」キー:ブレスモードオン/オフ
  • 「Fn」 + 「F」キー:ランダムカラーブレスモードオン/オフ
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

選べるカラーは全7色

MEMO

キーボードを30秒以上操作しないとバックライトは自動的に消灯します。

バッテリー残量が15%以下の場合、バックライトは使えなくなります。

バックライトがゆっくりと点滅するブレスモード、さらに色がランダムに切り替わるランダムカラーブレスモードはこんな感じです。

Inateck iPad Pro 12.9 ブレスモード
ブレスモード
Inateck iPad Pro 12.9 ランダムカラーブレスモード
ランダムカラーブレスモード

キーボードの左側。

Inateck iPad Pro 12.9 キーボード左側

キーボードの中央部分。

Inateck iPad Pro 12.9 キーボード中央

そしてキーボードの右側。

Inateck iPad Pro 12.9 キーボード右側

キーピッチは18 mmです。

Inateck iPad Pro 12.9 キーピッチ
MEMO

キーピッチとはキートップの中央から中央までの距離のこと。

18.5 ~ 19 mm幅が標準とされています。

キーストロークは2 mmでした。

Inateck iPad Pro 12.9 キーストローク
MEMO

キーストロークとはキーを押し下げたときの深さのこと。

ノートPC用の一般的な深さは2 ~ 3 mmです。

キーボード右上には、電源スイッチインジケーターが3つあります。

Inateck iPad Pro 12.9 電源スイッチとインジケーター
インジケーターの種類
  • インジケーター左:Caps Lock有効/無効
  • インジケーター中央:Bluetooth接続(ペアリング)
  • インジケーター右:バッテリー関連
MEMO

「Fn」キーと「バッテリーキー」を同時に押すことでインジケーター右が点滅し、バッテリー残量を確認できます。

  • 点滅回数1:0-25%
  • 点滅回数2:25-50%
  • 点滅回数3:50-75%
  • 点滅回数4:75-100%

キーボードを引き出すことで、ケースと分けて使うこともできます。

Inateck iPad Pro 12.9 ケースと分離

接続するときは、ケース裏側にある溝にキーボード側のスティックをこのようにあわせ、しっかりと押し込みましょう。

Inateck iPad Pro 12.9 ケースと接続
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_odoroki_icon_new.jpgイツキ

接続が甘いと落下する危険があるのでご注意ください!

サイズ・重量

Inateck iPad Pro 12.9 KB02006 キーボードケース」のサイズは242 × 289 mmです。

Inateck iPad Pro 12.9 サイズ

厚さは19.5 mm

Inateck iPad Pro 12.9 厚さ

スマホ(iPhone 11 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

Inateck iPad Pro 12.9 スマホと比較

重さは791 gでした。

Inateck iPad Pro 12.9 重さ
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

iPad Proの重さは633 gなので、あわせると1424 gになります。

合計で約1.4 kg、これはMacBook Pro 13インチよりも重く、片手で持つとかなりズッシリとした感覚があります。

Inateck iPad Pro 12.9 手で持ったところ

機能

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

iPad Proとペアリングする手順はカンタンです♪

iPad Proにキーボードケースを装着します
Inateck iPad Pro 12.9 iPadに装着
キーボードの電源をONにします
Inateck iPad Pro 12.9 電源ON
「Fn」「Bluetooth」キーを同時に押します
Inateck iPad Pro 12.9 ペアリングモード
中央のインジケーターが青色に点滅します(ペアリングモード)
Inateck iPad Pro 12.9 インジケーター点滅
iPad ProのBluetooth機能を有効にします
Inateck iPad Pro 12.9 キーボードケース Bluetoothオン
「Inateck KB02006」を選択します
Inateck iPad Pro 12.9 選択
ペアリング完了!
Inateck iPad Pro 12.9 ペアリング完了

Inateck iPad Pro 12.9 KB02006 キーボードケース」は、キックスタンド付きで分離可能なキーボードケースです。

Inateck iPad Pro 12.9

主に7つの特徴があります。

Inateck iPad Pro 12.9 特徴
7つの特徴
  • 分離式キーボード
  • DIYバックライト
  • 安定した回転軸サポート
  • 全面保護
  • 独立iOSショートカット
  • 便利なペンスロット
  • 650mAh充電式バッテリー

キックスタンドは耐久性に優れたヒンジを採用し、無段階に角度を調整できます。

Inateck iPad Pro 12.9 キックスタンド

連続作業時間は282時間です。

Inateck iPad Pro 12.9 連続作業時間
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_odoroki_icon_new.jpgイツキ

待受だけなら最大180日間と驚異的!

キーボードからケースを取り外せるので、作業時以外の動画視聴などでも便利に使えます。

Inateck iPad Pro 12.9 取り外し可能

キーボード上部にある「機能キー」は、iPadOSに対応したショートカットキーになっています。

Inateck iPad Pro 12.9 キーボードケース ショートカット
Inateck iPad Pro 12.9 キーボードケース ショートカットキー表

最後にAmazonのカスタマーレビューで「打鍵音が気になる」という意見があったので、実際にタイピングしているときの音を含めた動画を撮ってみました。

個人的には「静かではないけど、うるさいとまではいかないレベル」という感想です。

USキーボードはエンターキーが小さめなので、JISキーボードに慣れてる人は最初違和感がある(打ち間違えが発生する)と思います。

さすがに高級キーボードには及びませんが、打鍵感は快適でスイスイと文字入力が進む感覚です。

全体的な作りの良さやキーボードのクオリティを考えれば、8,000円前後で買えるのはかなりコスパが高い、と言えるでしょう。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

購入を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!

Inateck iPad Pro 12.9 KB02006 キーボードケースのレビューまとめ

本記事では「【Inateck iPad Pro 12.9 KB02006 レビュー】Bluetoothキーボードとキックスタンド、7色に光るバックライトが付いた頑丈なiPadケース」について書きました。

基本的な性能や外観は、「Inateck iPad Pro 12.9 KB02010」と同じです。

特徴的なのはやはりカスタマイズ可能な7色に光るバックライトですね。

ただしビジュアルがカッコ良くなる反面、作業時には特に必須な機能ではないですし、重さも増えます

価格も「Inateck iPad Pro 12.9 KB02010」と比べて2,000円くらい高くなるので、そのあたりはご自分の好みと相談して検討してみてください。

頑丈なiPad Proのキーボードケースをお探しで、ビジュアル面にもこだわりたいという方はぜひバックライトが付いた「Inateck iPad Pro 12.9 KB02006」を選んでみてはいかがでしょうか。