Amazonチャージで1000ポイントゲット

【IPEVO VZ-R レビュー】モニターやプロジェクターに直接HDMI接続して映像出力できるオシャレな800万画素カメラキャプチャデバイス

こんにちは、毎日何かしらのブログ作業をしているイツキ(@saigalog)です。

ブログの作業には、写真撮影文章執筆の他にも様々なものがあります。

その中の1つ、重要なのが「説明書や資料のキャプチャ」をすること。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

記事内でわかりやすく説明するために、公式の資料を引用して活用させていただいています。

今まではスマホのカメラで撮影して、画像編集ソフトでキレイに整えるという方法をとっていました。

ただあまり出来栄えが良くないことは自覚していて、手間がかかるのも難点です。

今回レビューするIPEVOアイピーボの「IPEVO VZ-R」はそんな私にまさにうってつけの製品です。

本体素材にはグラスファイバーが採用され、見栄えがよく耐久性もあり、その上とても軽く仕上がっています。

スタンドにある2つの関節で自由に位置を調整でき、800万画素のカメラで資料やモノの細部までキレイにキャプチャしてくれます。

露出ホワイトバランスなどの調整はもちろん、各種フィルターも完備しているのでシーンにあった映像にカンタンに加工することができます。

そして一番の強みは、なんと言っても「PC不要でモニターやプロジェクターに直接HDMIで出力できる」こと。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_hirameki_icon_new.jpgイツキ

これ1台あればどこでも映像を映せます!

本記事では、そんな使い勝手の良いキャプチャデバイス「IPEVO VZ-R」を詳しくレビューしていきます!

お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

IPEVO VZ-Rの同梱物

IPEVO VZ-R」の外箱は、ダンボールベースのシンプルなデザインです。

IPEVO VZ-R 外箱

同梱物として以下のものが入っています。

IPEVO VZ-R 同梱物
IPEVO VZ-Rの同梱物
  • VZ-Rカメラ&スタンド
  • VZ-Rベース
  • USB Type-A to Cケーブル
  • スクリュードライバー
  • ネジ × 4
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

紙の説明書は付属していないので、こちらからダウンロードしましょう。

USB Type-A to Cケーブルの長さは約150 cm

IPEVO VZ-R USBケーブル

ベースをとめるネジが4つ入っています。

IPEVO VZ-R ネジ
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

実際には2つしか使わないので、残る2つは予備となります。

ドライバーも同梱されているので、別途用意する必要はありません。

IPEVO VZ-R スクリュードライバー

このように本体とベースをネジでしっかりと固定します。

IPEVO VZ-R ベースをネジ止め

IPEVO VZ-Rのスペック

IPEVOの「IPEVO VZ-R」は、800万画素のカメラで映像をリアルタイムでキャプチャしてHDMIでモニターやプロジェクターなどに出力できるデバイスです。

IPEVO VZ-R

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名IPEVO VZ-R
本体サイズ高さ293 mm、多関節スタンド長さ255 mm、ベース直径109 mm
重さ968 g
画素数800万画素カメラ
解像度最高3264 × 2448(USBモード)/1920 × 1080(HDMIモード)
出力HDMI、USB
最大撮影可能範囲270 × 480 mm [16:9]
344 × 460 mm [4:3]

外観

IPEVO VZ-R」はエメラルドグリーンのカラーが印象的で、外装がグラスファイバー素材で高級感があり、しっかりとした作りになっています。

IPEVO VZ-R 外観
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

多関節スタンドを折り曲げると、このようにコンパクトに収納できます。

2つの関節で自由に形を変えることができます。

回転ヘッドにはカメラLEDライトがついています。

ヘッド部は左右に270°回転します。

IPEVO VZ-R ヘッド部回転

ヘッド部の関節は180°の角度で前後に曲がります。

IPEVO VZ-R ヘッド部の関節

スタンド部の可動角度は135°

IPEVO VZ-R スタンド部の角度

スタンド部の関節を上から見るとこんな感じです。

IPEVO VZ-R 上から見たところ

電源がONになると、LEDインジケーターがの2色に点灯します。

IPEVO VZ-R LEDインジケーター

下部にはマイク機能別のボタンが9つ付いています。

IPEVO VZ-R 機能別ボタン
IPEVO VZ-Rのボタン

上から順に…

  • マイク(USBモードのみ機能)
  • ライト(LIGHT)
  • フィルター(FILTER)
  • 回転(ROTATE)
  • 拡大(ZOOM+)
  • 縮小(ZOOM-)
  • 露出+(EXP+)
  • 露出-(EXP-)
  • フォーカス(FOCUS / AF-LOCK)
  • 電源スイッチ(POWER)

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_hirameki_icon_new.jpgイツキ

ボタンの表面に違いがあり、触っただけでどの機能かわかるように工夫されています。

側面にはボタンにあわせて各機能の名称が書かれているので、とてもわかりやすくなっています。

IPEVO VZ-R ボタンの名称

また背面には製品の仕様と、各種マークが記載されています。

IPEVO VZ-R 製品の仕様
記載の仕様

Model:CDVH-03IP

Rating:5V 500mA

背面下部には「周波数スイッチ」「USB Type-Cポート」「HDMIポート」が並びます。

IPEVO VZ-R 各種ポート
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

HDMIケーブルは付属していないので別途用意しましょう。

付属のUSBケーブルを電源に接続し、HDMIケーブルをモニター(TVなど)に接続するだけでカンタンにカメラの映像を映すことができます。

IPEVO VZ-R モニター出力
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

映しているのは最近買ったLEGOの説明書です笑。

PCとUSBケーブルを接続する場合は、このようにセッティングします。

IPEVO VZ-R PCと接続

ベースにはフチに沿うように滑り止め用のゴムが貼られています。

IPEVO VZ-R ベース

サイズ・重量

IPEVO VZ-R」のスタンドの高さは293 mm、多関節スタンドの長さは255 mmです。

IPEVO VZ-R スタンドサイズ

ヘッド部のサイズは75 × 40mm

IPEVO VZ-R ヘッド部サイズ

スタンド最上部のサイズは27 × 78 mm

IPEVO VZ-R スタンド最上部サイズ

ベースの直径は109 mmでした。

IPEVO VZ-R ベース直径

スマホ(iPhone 11 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

IPEVO VZ-R スマホと比較

重さは968 gでした。

IPEVO VZ-R 重さ

機能

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

PCで使うときは専用のソフトウェアをインストールしましょう♪

ソフトウェア「IPEVO Visualizer」を配布している公式サイトにアクセスします

こちらのサイトの右上の「Free Download」ボタンを押します。

IPEVO VZ-R 公式サイト
一覧から該当するOSを選び「Download」リンクを押します
IPEVO VZ-R Download
ダウンロードしたファイルを解凍し、msiファイル(Windowsの場合)を実行します
IPEVO VZ-R インストールファイル
「Next」ボタンを押します
IPEVO VZ-R Wizard
インストール場所を選択して「Next」ボタンを押します

基本的にデフォルトで問題ありません。

IPEVO VZ-R インストール場所
「Install」ボタンを押します
IPEVO VZ-R インストール開始
プログレスバーが進みインストールが完了します
IPEVO VZ-R プログレスバー
ソフトウェアを起動し、使用許諾を読み「同意する」ボタンを押します
IPEVO VZ-R 使用許諾
このようなソフトウェアの画面が開いたらインストール成功です!
IPEVO VZ-R 画面

IPEVO Visualizer」では、拡大縮小やフォーカスなどカメラを調整して映像をキャプチャできます。

IPEVO VZ-R 映像をキャプチャ

使用例として4歳の娘が描いた作品をキャプチャしてみました。

IPEVO VZ-R 使用例
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

フィルターは「ノーマル」で露出などの値も変えていません。

そして各種フィルターを使うと、こんな感じでキャプチャすることができます。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

特に資料を映すときはフィルターを使うと見やすくなることも多いので、この機能はとてもありがたいですね!

IPEVO VZ-R」はHDMIを直接接続することで、モニターやプロジェクターに映像を映すことができます。

USBモードでは、接続したPCにカメラの映像をストリーミングできます。

IPEVO VZ-R PCにストリーミング

Sony CMOSセンサーAmbarella社製チップを搭載した800万画素カメラで、細部までキレイにキャプチャできます。

IPEVO VZ-R 細部までキャプチャ

ボディにはGVX-5Hというグラスファイバー素材を採用し、金属と同等の堅固さがありながら金属よりはるかに軽い重量を両立しています。

IPEVO VZ-R グラスファイバー素材

回転ヘッド多関節スタンドで、自由な方向からキャプチャすることができます。

IPEVO VZ-R 回転ヘッド

IPEVO VZ-R」は接地面積が小さいので、貴重なデスクスペースを邪魔することなく使えます。

IPEVO VZ-R 小さい接地面積

ヘッドにはLEDライトが内蔵されているので、薄暗い場所でも快適に使うことができます。

IPEVO VZ-R LEDライト

IPEVO VZ-Rのレビューまとめ

本記事では「【IPEVO VZ-R レビュー】モニターやプロジェクターに直接HDMI接続して映像出力できるオシャレな800万画素カメラキャプチャデバイス」について書きました。

使い勝手が良く、HDMIがあればどこでも映像を映すことができる本製品。

価格は3万円台と少し高めではありますが、本体の仕上がりと機能性は充分それに見合う価値があると感じています。

カンタンに品質が良い映像をキャプチャしたい方、会議などで資料を投影する機会の多い方はぜひ「IPEVO VZ-R」を選んでみてはいかがでしょうか。