Amazonギフトチャージで最大2000ポイントゲット

【LIVXIA LUNE レビュー】USB-CとMini HDMIポートを搭載し解像度4Kの15.6インチタッチスクリーンのモバイルモニター

こんにちは、進化が止まらないモバイルモニターにワクワクしているイツキ(@saigalog)です。

自宅でPC作業する人が増えている昨今、日本の住宅事情も相まってコンパクトなモバイルモニターの需要は年々増えてきています。

今回レビューする「LIVXIA LUNEリブシア ルーン」もそんな便利でコンパクトなモバイルモニターの1つです。

対応したデバイスであれば、USB-Cケーブル1本で映像を映すことができます。

またMini HDMIポートもあるので、Nintendo SwitchやPS5といったゲーム機で遊ぶときにも使えます。

サイズは15.6インチとコンパクトながら、解像度は4K(3840 × 2160)とハイエンドのスペック。

さらにStylusタッチペン縦置き(自動回転)にも対応していて、モバイルモニターに欲しい機能が盛りだくさんな本製品。

本記事ではそんなハイスペックな「LIVXIA LUNE」について詳しくレビューしていきます!

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

私はこれまでいくつものモバイルモニターを使ってきましたが、「LIVXIA LUNE」は理想的なスペックと機能なので乗り換えることに決めました!

Makuake

本製品は、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます(2021年3月30日まで)。

お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

LIVXIA LUNEの同梱物

LIVXIA LUNE」の外箱はカラフルで、ディスプレイの美しさを想像させるデザインです。

LIVXIA LUNE 外箱

同梱物として以下のものが入っています。

LIVXIA LUNE 同梱物
LIVXIA LUNEの同梱物
  • モバイルモニター本体
  • USB Type-Cケーブル
  • USB Type-A to Cケーブル
  • HDMI to Mini HDMIケーブル
  • 電源アダプター
  • クリーニングクロス
  • Stylusタッチペン
  • 保護フィルム
  • ユーザーマニュアル
  • 専用バッグ(オプション品)

USB Type-Cケーブルの長さは約100 cm

LIVXIA LUNE USB-Cケーブル

USB Type-A to Cケーブルの長さも約100 cmでした。

LIVXIA LUNE USB-Aケーブル

HDMI to Mini HDMIケーブルの長さは約150 cmです。

LIVXIA LUNE HDMIケーブル

USB-Cポートを搭載した20W出力の電源アダプターが付属しています。

LIVXIA LUNE 電源アダプター

側面には電源アダプターの仕様が記載されています。

LIVXIA LUNE 電源アダプター仕様
記載の仕様

型号:GS-559A

入力:110-240V~50/60Hz,0.8A

出力:5V 3A,9V 2A,12V 2A, 15V 2A, 20V 1.5A

ディスプレイを拭くためのクリーニングクロスも付属しています。

LIVXIA LUNE クリーニングクロス

Stylusタッチペンはディスプレイをタッチして使えます。

LIVXIA LUNE Stylusタッチペン

小袋にはタッチペンに入れる単4電池、ペン先の交換に使うツールが入っています。

単4電池はStylusタッチペンのペン尻を開けて入れ、ペン先を交換したいときは付属のツールでピンセットのように挟んで引き抜きます。

保護フィルムはノングレア(非光沢)仕様。

LIVXIA LUNE 保護フィルム

もともとのディスプレイはグレア(光沢)仕様なので、反射が気になる場合は保護フィルムを貼りましょう。

オプションの専用バッグはしっかりとしたファブリック素材で高級感があります。

LIVXIA LUNE 専用バッグ
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

提供いただいたサンプル品は無地ですが、販売されるものにはロゴが付いています。

内側にはモバイルモニター、外側のポケットにはケーブルや資料などを入れることができます。

このようにモバイルモニターを入れて。

LIVXIA LUNE 専用バッグ収納

フタを閉めればモバイルモニターを傷つけることなく安全に運べます。

LIVXIA LUNE 専用バッグ

LIVXIA LUNEのスペック

LIVXIA LUNE」はUSB-CとHDMI入力に対応し、解像度4K(3840 × 2160)の15.6インチ液晶を搭載したモバイルモニターです。

LIVXIA LUNE

サイズは今回レビューしている「15.6インチ」とあわせて全2種類

LIVXIA LUNE サイズの種類
サイズ種類
  • 14.0インチ
  • 15.6インチ

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名LIVXIA LUNE
本体サイズ225 × 356 × 13 (mm)
重さ1137 g
インチ15.6インチ
解像度3840 × 2160
タッチスクリーン10ポイントタッチ
自動回転
パネルIPS
バックライトLED
視野角度178°
コントラスト1200:1
色域72%
スキャン周波数60Hz
スピーカー2 × 1W
輝度350 cd
パワーPD3.0
消費電力20W

外観

LIVXIA LUNE」の外観は、全体が黒で統一されたシンプルなデザインです。

LIVXIA LUNE 外観

IPS液晶ディスプレイを採用しているので、視野角は178°と広く斜めからでも暗くなって見づらくなることはありません。

LIVXIA LUNE IPS液晶ディスプレイ

裏面はこんな感じで、折りたたまれたI/Oベースが特徴的です。

LIVXIA LUNE I/Oベース

I/Oベースの右側面には各種ボタンポートがあります。

LIVXIA LUNE ボタンやポート
各種ボタン

左から順に…

  • 電源/OSDメニューボタン
  • Micro USBポート
  • 3.5mmオーディオポート

I/Oベースの左側面にも各種ポートが並んでいます。

LIVXIA LUNE ポート
各種ポート

左から順に…

  • Mini HDMIポート
  • USB Type-Cポート(給電用)
  • USB Type-Cポート

折りたたまれたI/Oベースを広げ、真上から見るとこんな感じ。

LIVXIA LUNE 上から見たところ

I/Oベースの背面には2つのスピーカーが付いています。

LIVXIA LUNE スピーカー

電源入力ポート(USB-C)に、付属のUSBケーブルと電源アダプターを接続して使います。

LIVXIA LUNE 電源接続

電源ランプは動作中のとき、緑色に点灯します。

LIVXIA LUNE 電源ランプ

モニターのヒンジを動かして40~85°くらいの角度で使いやすい位置に調整しましょう。

サイズ・重量

LIVXIA LUNE」のサイズは225 × 356 mmです。

LIVXIA LUNE サイズ

厚さは13 mm

LIVXIA LUNE 厚さ

I/Oベースのサイズは100 × 335 mmです。

LIVXIA LUNE I/Oベースサイズ

上部と側部のベゼル幅は4 mm

LIVXIA LUNE 側部ベゼル幅

画面下のベゼル幅は26 mmでした。

LIVXIA LUNE 下部ベゼル幅

スマホ(iPhone 12 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

LIVXIA LUNE スマホと比較

モバイルモニター本体の重さは1137 g

LIVXIA LUNE 重さ

その他の同梱物の重さもそれぞれ計ってみました。

同梱物の重さ
  • 電源アダプター:77 g
  • HDMI to Mini HDMIケーブル:69 g
  • USB-Cケーブル:36 g
  • USB-A to Cケーブル:23 g
  • Stylusタッチペン:21 g
  • 専用バッグ:220 g
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

モバイルモニターを専用バッグに入れて運ぶときは1137 + 220 = 1357 gということで約1.3 kgの重さとなります。

機能

LIVXIA LUNE」は、配線(USB-C)1本でPCの映像を拡張やミラーリングできます。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

ご覧のとおり配線スッキリで、画面も鮮明で使いやすい!

注意

輝度を上げたりHDR機能をONにすると電源が落ちることがあります。

フル機能を使う場合は電源アダプターからの電力供給をおすすめします。

解像度は4K(3840 × 2160)に対応し、クッキリとした高精細な映像を実現。

LIVXIA LUNE 解像度

Mini HDMIポートを使えば、ゲーム機やその他デバイスの映像もカンタンに映せます。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

リフレッシュレートは60Hzに対応しているので、なめらかに描画されます。

FreeSync機能」を搭載し、ティアリング(画面ズレ)やカクつきを抑制します。

LIVXIA LUNE FreeSync機能

付属のStylusタッチペンで直接画面を操作できます。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_odoroki_icon_new.jpgイツキ

10ポイントタッチに対応!

縦置きにも対応しているので、向きを変えるだけで自動的に回転します。

LIVXIA LUNE 自動回転

「電源/OSDメニュー」ボタンを押すと表示されるOSDでは、モニターの各種設定の変更や調整を行えます。

OSD1
  • 音量
  • 輝度
  • コントラスト
  • 回転(90°、180°)
  • 入力切替(USB-C、HDMI)
  • ミュート
  • 回転ロック
  • スマホ出力
OSD2
  • HDR切替(ON/OFF/AUTO)
  • 言語切替(中文、En、De、Fr、ハングル、日本語)
  • FreeSync
  • OD(オーバードライブ)切替(ON/OFF)
OSD3
  • テーマモード(標準、映画、ゲーム、テキスト、FPS、RTS)
  • 色温度調整(6500、9300、USER)
Makuake

本製品は、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます(2021年3月30日まで)。

LIVXIA LUNEのレビューまとめ

本記事では「【LIVXIA LUNE レビュー】USB-CとMini HDMIポートを搭載し解像度4Kの15.6インチタッチスクリーンのモバイルモニター」について書きました。

いろいろな機能が盛り込まれた便利なモバイルモニターですが、価格が4万円前後とリーズナブルなのも嬉しいところ。

PC作業をもっと快適にするためのモバイルモニターをお探しの方は、ぜひ「LIVXIA LUNE」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

Makuake

本製品は、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます(2021年3月30日まで)。