MENU

イツキ

イツキです。最新ガジェットや家電を使って、家族みんなが効率的で快適な暮らしができることを目指しています。

Amazonや楽天を中心に新商品をチェックしながら、レビューブログ「ガジェルバ」を運営中。

他にもインテリアやお酒の情報を紹介している「サイガログ」、恋愛リアリティショーのレビューをしている「サケコイ」のブログもどうぞ。

ご感想やご意見、製品レビューのご依頼はお気軽にお問い合わせフォームまで。

Amazonチャージで1000ポイントゲット

【RhinoShield Mod NX レビュー】背面プレートデザインが豊富でバンパーケースとしても使える耐久性抜群のスマホケース

こんにちは、昔からスマホのバンパーケースに憧れていたイツキ(@saigalog)です。

スマホのバンパーケースってクールでスタイリッシュな反面、ネジ止めが必要だったりしてカジュアルに付け外しができない印象があります。

もっと手軽に、それでいて丈夫なバンパーケースはないものか、と考えている矢先、レビューする機会をいただきました。

RhinoShieldライノシールド」の「Mod NX」というスマホケースは、豊富なデザイン数の背面プレートと耐久性の高いバンパーが特徴的。

「RhinoShield」は直訳でサイの盾、頑丈さの象徴です。

この記事ではそんな頑丈でカスタマイズ性も高いクールなスマホバンパーケース「RhinoShield Mod NX」をレビューしていきたいと思います!

本記事では「iPhone 11 Pro」のケースのみをレビューしています。
公式ショップで使えるクーポンコード「gadgerba
10%オフ(サイト内のすべての商品適用)
お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

RhinoShield Mod NXのデザイン

RhinoShield Mod NX」には豊富な数の背面プレート(デザイン)が用意されています。

RhinoShield Mod NX デザイン
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/01/itsuki_surprise_icon.jpgイツキ

その数なんと100種類以上!

その中から今回は3種類の背面プレート、2種類のバンパーケースをレビューしていきます。

RhinoShield Mod NX 背面プレート
RhinoShield Mod NX フレーム

ベネチアンテラゾ

まずは「ベネチアンテラゾ」という名前の背面プレート。

RhinoShield Mod NX ベネチアンテラゾ
MEMO

ベネチアンテラゾとはイタリアで採石された天然石を砕き、セメントで固めたブロックを仕上げて製造され、床材などに使用される建材の1つです。

表面が光沢仕上げとなっているため、本物の天然石が使われているような錯覚を覚えます。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/01/itsuki_icon.jpgイツキ

色合いもカラフルですが派手すぎず、大人っぽい雰囲気があります。

The Worm White

次は「The Worm White」という背面プレートです。

RhinoShield Mod NX The Worm White

「The Worm」というのはNASAのロゴのこと。

そう、この背面プレートはRhinoShieldがNASAから画像の使用許可を取得し作成したものなのです。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/01/itsuki_icon.jpgイツキ

シンプルながらもカッコよく、特に宇宙好きな人にはたまらないデザイン!

The Tarantula Nebula

最後は「The Tarantula Nebula」という名前の背面プレート。

RhinoShield Mod NX The Tarantula Nebula
MEMO

「The Tarantula Nebula」とはタランチュラ星雲のこと。

こちらも宇宙をテーマにしたデザイン。

お察しのとおり、この背面プレートもRhinoShieldがNASAから画像の使用許可を取得し作成されています。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/01/itsuki_surprise_icon.jpgイツキ

小さな背面プレートの中に宇宙の壮大さを感じます。

バンパーケース(白)

背面プレートはバンパーケースに取り付ける必要があります。

こちらはオーソドックスな白。

RhinoShield Mod NX バンパーケース白

バンパーケース(黒)

このバンパーケースは黒、詳しくは後ほど紹介します。

RhinoShield Mod NX バンパーケース黒

カスタマイズ

RhinoShield Mod NX」はボタンを好みの色にカスタマイズすることができます。

RhinoShield Mod NX ボタンパック

追加購入のボタンパックなら16色の中から選び放題。

RhinoShield Mod NX ボタン16色

カスタマイズできるのは電源ボタン音量ボタン(+、-)の3箇所です。

ケースにはもともと同じ色のボタンがはめ込まれています。

RhinoShield Mod NX 音量ボタン
RhinoShield Mod NX 電源ボタン

それを指でこのように取ってしまい。

RhinoShield Mod NX 音量ボタン除去
RhinoShield Mod NX 電源ボタン除去

好きな色をはめ込むだけ。

RhinoShield Mod NX 音量ボタン変更
RhinoShield Mod NX 電源ボタン変更
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/01/itsuki_icon.jpgイツキ

ボタンが独立しているので、非常に押しやすいというメリットもあり!

公式ショップで使えるクーポンコード「gadgerba
10%オフ(サイト内のすべての商品適用)

RhinoShield Mod NXの同梱物

RhinoShield Mod NX」の外箱は透明でケースのデザインがわかりやすく、上部の取っ手を引き出すだけでカンタンに開けられるようになっています。

RhinoShield Mod NX 外箱

ケースの着脱方法などが記載された取扱説明書が同梱されています。

RhinoShield Mod NX 説明書
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/01/itsuki_icon.jpgイツキ

英語ですが読めなくても挿絵があるのでわかりやすい。

公式ショップで使えるクーポンコード「gadgerba
10%オフ(サイト内のすべての商品適用)

RhinoShield Mod NXのスペック

RhinoShield Mod NX」は独自の「ShockSpread」素材を使用し、背面プレートやボタン部分がカスタマイズ可能な耐衝撃スマホケースです。

RhinoShield Mod NX
MEMO

ShockSpreadポリマー素材は、極めて優れた耐久性と適度な柔軟性を備えています。

このケースは、通常のポリカーボネート製やTPU製のケースとは異なり、曲げることが可能。

特に装着や取り外す時に、割れたり緩みが生じることがありません。

BPA/BPS/BPF不使用で、米国食品医薬品局(FDA)の食品グレードの必要条件を満たしており、より安全です。

このケースはリサイクルが可能です。

外観

ケースの内部は「ハニカム構造」になっており、これがこのケースの持つ強靭さの秘訣です。

RhinoShield Mod NX ハニカム構造
MEMO

ハニカム構造とは、正六角形または正六角柱を隙間なく並べた構造のこと。

ハニカムとは英語で「ミツバチの櫛(=蜂の巣)」という意味。

六角形は衝撃を分散する方向が多いので衝撃に強い。

下部には「DEVELOPED IN CAMBRIDGE UK MADE IN TAIWAN」と記載されています。

RhinoShield Mod NX CAMBRIDGE
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/01/itsuki_icon.jpgイツキ

「CAMBRIDGE UK」とはイギリスの名門、ケンブリッジ大学のこと!

ケース下部にはLightningポートとスピーカー用の穴が開いています。

RhinoShield Mod NX スピーカー用穴

装着するとこのとおり。

RhinoShield Mod NX スピーカー用穴装着

左側面にはサイレントスイッチ用の穴と音量ボタンカバー。

RhinoShield Mod NX サイレントスイッチ

装着するとこのとおり。

RhinoShield Mod NX サイレントスイッチ装着

右側面の下部には「RhinoShield」のロゴが刻印。

RhinoShield Mod NX ロゴ

右側面の上部には電源ボタンのカバー。

RhinoShield Mod NX 電源ボタンカバー

こちらはカメラ部分。

RhinoShield Mod NX カメラ部分

装着するとこのとおり。

RhinoShield Mod NX カメラ装着
RhinoShield Mod NX カメラが出っ張らない
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/01/itsuki_icon.jpgイツキ

ケースに厚みがあるのでカメラレンズが床(テーブル等)にぶつかりません

装着した全体像はこんな感じ。

RhinoShield Mod NX 装着全体像

ボタンの色がアクセントになっていてオシャレですね。

画面側もケースの厚みで床(テーブル等)に触れることがなく、傷防止になります。

RhinoShield Mod NX 装着裏面

もちろんバンパーのみを装着することもできます。

RhinoShield Mod NX バンパーのみ

バンパーを装着するときは、付属のリムを使えばピッタリとハマりますので忘れずに。

RhinoShield Mod NX バンパーとリム
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/01/itsuki_icon.jpgイツキ

iPhoneオリジナルのデザインを気に入っている方はこの使い方がおすすめ!

手で持ったところ、バンパーケースの質感が手に馴染みます。

RhinoShield Mod NX 手持ち

手のひらに収まる「タランチュラ星雲」にロマンを感じるのは私だけではないはず笑。

RhinoShield Mod NX 裏面手持ち

サイズ・重量

RhinoShield Mod NX」のサイズは78 × 149 mmです。

iPhone 11 Proの幅は71.4 mm → 78 mmなので6.6 mmアップ

iPhone 11 Proの高さは144 mm → 149 mmなので5 mmアップ

RhinoShield Mod NX サイズ

厚さは11 mm

iPhone 11 Proの厚さは8.1 mm → 11 mmなので2.9 mmアップです。

RhinoShield Mod NX 厚さ

重さは30 gでした(背面プレートあり)。

RhinoShield Mod NX 重さ

機能

RhinoShield Mod NX」は耐久性抜群で強靭なスマホケースです。

RhinoShield Mod NX

公式YouTubeチャンネルでは、耐久性を証明するための衝撃テストの様子が公開されています。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/01/itsuki_surprise_icon.jpgイツキ

空に向かって投げてもiPhoneは壊れません!

それもそのはず、3.5mからの落下衝撃に耐えるのだとか。

数字だけ聞くと大した事なさそうに感じますが、大型観光バスと同じ高さと聞けばイメージしやすいかもしれません。

RhinoShield Mod NX 3.5m
屋根の上から落としてもスマホは無傷…スゴい!

こんなに強靭なのにケースの厚さは3 mm、重さはわずか30 g(パンパーのみなら15 g)と薄型軽量なのも特徴の1つ。

RhinoShield Mod NX 薄型軽量

Qiチー対応のワイヤレス充電器も問題なく使えます。

RhinoShield Mod NX ワイヤレス充電対応
EWCP01レビューはこちら 【ENETREE 高速ワイヤレス充電器 EWCP01 レビュー】本革とアルミニウム筐体が美しくUSB充電も同時にできるQi対応ワイヤレス充電器
公式ショップで使えるクーポンコード「gadgerba
10%オフ(サイト内のすべての商品適用)

RhinoShield Mod NXの選び方

RhinoShield Mod NX」は近年発売されたiPhoneのほぼすべての機種に対応しています。

※2020年3月現在

  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 6 Plus / 6s Plus
  • iPhone 6 / 6s
  • iPhone 5 / 5s / SE
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/01/itsuki_icon.jpgイツキ

根強い人気があるiPhone 5SやSEに対応しているのも嬉しいですね♪

公式サイトではスマホの機種、ケースの色、背面プレートスタイル、リム、ボタンを選ぶことができます。

RhinoShield Mod NX 選び方

オリジナルデザインケースを一覧から選ぶことも可能。

RhinoShield Mod NX デザイン

さらに「文字カスタム」ができたり。

RhinoShield Mod NX 文字カスタム

ホットスタンプ」を貼れたり。

RhinoShield Mod NX ホットスタンプ

文字と「数字」を指定できたりと、自分の思うままにケースをデコレーションすることができます。

RhinoShield Mod NX 数字
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/01/itsuki_icon.jpgイツキ

ぜひオリジナルのオシャレな組み合わせを作ってみてください!

公式ショップで使えるクーポンコード「gadgerba
10%オフ(サイト内のすべての商品適用)

RhinoShield Mod NXのレビューまとめ

本記事では「【RhinoShield Mod NX レビュー】背面プレートデザインが豊富でバンパーケースとしても使える耐久性抜群のスマホケース」について書きました。

バンパーケースとしてはもちろん、背面プレートを使えば普通のスマホケースとしても使える「RhinoShield Mod NX」のスゴさをおわかりいただけたのではないでしょうか。

同じくRhinoShieldの「SolidSuit」というケースはその耐久性の高さゆえに、付け外しにちょっとコツがいるところを気になる点として挙げています。

ですが、この「Mod NX」の付け外しはそこまで難しくありません。

公式YouTubeチャンネルに解説動画がアップされていますので、ぜひご覧ください。

私はほとんど苦戦することなくケースを付け替えることができました。

しばらく使ってみて感じた気になる点としては「SolidSuit」と同様、他のスマホケースと比べてサイズが少し大きめなところ。

そして背面プレートはツヤツヤと光沢があるため、私のように手汗が多めの人の場合、手の脂や指紋が付着して目立ちやすいというところでしょうか。

気になる方は布などで拭き取ってあげると良いでしょう。

耐久性抜群でデザインも豊富に用意され、カスタマイズ性も高いバンパーケースとしても使える「RhinoShield Mod NX」、ぜひ選んでみてはいかがでしょうか。

公式ショップで使えるクーポンコード「gadgerba
10%オフ(サイト内のすべての商品適用)
Instagram
YouTube
Twitter
Feedly
SHARE