Amazonチャージで1000ポイントゲット

【siroca おうちベーカリー SB-1D151 レビュー】手作りパンや乳製品を手軽に調理できるコンパクトなホームベーカリー

こんにちは、朝ごはんはパン派のイツキ(@saigalog)です。

スーパーなどで買ってきた食パンを焼いて、ジャムを乗せたりチーズを乗せたりして食べる毎日。

私はそれについて特に不満はなかったのですが、妻のナメコが一念発起しました。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/nameko_icon_new.jpgナメコ

もっと美味しいパンが食べたい!

ということで早速ネットでリサーチをかけ、探しに探し、ようやく選んだのがsirocaシロカの「siroca おうちベーカリー SB-1D151」です。

本記事ではそんな「siroca おうちベーカリー SB-1D151」について、実際の使用感とともに詳しくレビューしていきます!

ナメコ
ナメコ

ついでに小麦粉も大量に買いました。

イツキ
イツキ

業者!?笑

siroca おうちベーカリー SB-1D151の使用感

ナメコ
ナメコ

これからモリモリ手作りパンを作るぞ~!

イツキ
イツキ

楽しみです♪

siroca おうちベーカリー SB-1D151 使用感

ということで「siroca おうちベーカリー SB-1D151」を使ってパンを作ってみて、感じたところをまとめてみました。

良いと感じたことは赤字気になったことは青字になっています。

おうちベーカリーの使用感
  1. わが家はデジタルスケール、温度計などの道具があったので取りかかりやすかった
  2. 一度やれば要領はわかるため、2回目からは5分もかからずにスタートボタンを押せた
  3. それほどパンをこねる時の音は大きくない
  4. 台所の上の部屋で就寝しているが、全くわからなかった
  5. 朝に焼き上がるタイマー設定をして起きたら、パン屋さんの匂いがした
  6. できたてのパンは最高に美味しい
  7. 使う小麦粉にもよるが、もちもちとしていて、皮が噛み切りにくいくらい
  8. 子どもはトースターで焼かないできたてのパンをすごい勢いで食べていた
  9. 残ったパンを冷凍して、それをレンチンとトースターでリベイクしても最高の味わいだった
  10. 専用のカップがあり、400 ml程度の量を作れるので冷蔵庫に保管しやすい(ヨーグルト作り)
  11. 専用カップに牛乳やヨーグルト種の入れる位置の印があるので計量せずに作れる(ヨーグルト作り)
  12. ホームベーカリーを購入する前に、その他に必要なものを揃える必要はありそう
  13. コンセントを抜かないと電源OFFにできない
siroca おうちベーカリー SB-1D151 調理例
好物のサラミとチーズを乗せて焼いてみたり…

siroca おうちベーカリー SB-1D151の同梱物

siroca おうちベーカリー SB-1D151」の外箱は、ダンボール素材でできたシンプルなデザインです。

siroca おうちベーカリー SB-1D151 外箱

同梱物として以下のものが入っています。

SB-1D151の同梱物
  • おうちベーカリー本体
  • 計量カップ
  • パンケース
  • パン羽根
  • 羽根取り棒
  • 計量スプーン
  • ヨーグルト専用容器
  • オリジナルレシピ
  • 取扱説明書/保証書

計量カップは水などの液体を計るのに使います。

siroca おうちベーカリー SB-1D151 計量カップ
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

粉類の計量はできませんのでご注意を!

パンケースの中に設置するパン羽根です。

siroca おうちベーカリー SB-1D151 パン羽根

羽根取り棒は、パンや生地の中に埋まったパン羽根を取り出すときに使います。

siroca おうちベーカリー SB-1D151 羽根取り棒

計量スプーンは、ドライイースト・砂糖・塩などを計るのに使います。

siroca おうちベーカリー SB-1D151 計量スプーン
すりきり1杯の目安
  • 砂糖:大 → 9 g、小 → 3 g
  • :大 → 18 g、小 → 6 g
  • スキムミルク:大 → 8 g、小 → 2 g
  • ドライイースト:大 → 9 g、小 → 3 g
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

市販の計量スプーンとは容量が違うので注意しましょう。

ヨーグルト専用容器は名前のとおり、ヨーグルトや天然酵母生種を発酵するときに使います。

siroca おうちベーカリー SB-1D151 ヨーグルト専用容器

siroca おうちベーカリー SB-1D151のスペック

シロカの「siroca おうちベーカリー SB-1D151」は、パンや乳製品を調理でき豊富なメニューに対応したコンパクトな1斤用ホームベーカリーです。

siroca おうちベーカリー SB-1D151

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名siroca おうちベーカリー SB-1D151
本体サイズ265 × 197 × 247 (mm)
重さ3.5 kg
タイマー13時間まで
電源交流100 V、50/60 Hz
消費電力500 W
電気料金の目安食パン:約5円、もちパン:約6円
1kWhあたり27円で計算

外観

siroca おうちベーカリー SB-1D151」の外観は、ブラウンのシックな本体が印象的なデザインです。

siroca おうちベーカリー SB-1D151 外観
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

さすがに高級家電(ホットクックなど)の質感には負けますが、インテリアを邪魔しないモダンなデザインです。

真上から見るとこんな感じ。

siroca おうちベーカリー SB-1D151 真上から見たところ

フタの奥側には蒸気口があります。

siroca おうちベーカリー SB-1D151 蒸気口
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

高温になって危険なので、記載の警告や注意をよく読んでおきましょう!

フタの真ん中付近にはがあります。

siroca おうちベーカリー SB-1D151 フタの窓

窓は透明になっているので、調理の様子を外から見ることができます。

siroca おうちベーカリー SB-1D151 窓は透明

フタの手前側には操作パネルがあります。

siroca おうちベーカリー SB-1D151 操作パネル

操作パネルの左右には、20個のメニューと対応する番号が書かれています。

メニュー一覧
  1. 食パン(1A. アレンジ)
  2. 早焼きパン
  3. 糖質オフパン
  4. フランスパン風
  5. 全粒粉パン
  6. 米粉パン(グルテンなし)
  7. 天然酵母生種おこし
  8. 天然酵母パン生地
  9. 天然酵母パン
  10. こねる
  11. 発酵
  12. 焼く
  13. パン生地
  14. ピザ生地
  15. もちつき
  16. ケーキ
  17. ヨーグルト
  18. さらさら甘酒
  19. つぶつぶ甘酒

表示部は液晶パネルになっていて、「できあがりや作業までの時間」、選択した「メニュー番号」や「現在の工程」が表示されます。

液晶パネルの下には各種ボタンが横並びに配置されています。

siroca おうちベーカリー SB-1D151 各種ボタン
各種ボタン
  • メニュー/タイマーボタン
  • ▼ボタン(数字を減らす、メニュー選択)
  • ▲ボタン(数字を増やす、メニュー選択)
  • 焼き色ボタン
  • 取消ボタン
  • スタート/一時停止ボタン

フタを開けるとこんな感じ。

siroca おうちベーカリー SB-1D151 フタを開けたところ

ハンドルのついたパンケースが予めセットされています。

siroca おうちベーカリー SB-1D151 パンケースセット
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

中央にある突起に付属のパン羽根を取り付けて使います。

パンケースは取り出すことができます。

siroca おうちベーカリー SB-1D151 パンケース

パンケースの底面はこうなっています。

siroca おうちベーカリー SB-1D151 パンケース底面

パンケースを取り外した本体庫内にはヒーターがあるのが見えます。

siroca おうちベーカリー SB-1D151 ヒーター
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/nameko_icon_new.jpgナメコ

シンプルな構造なのでお手入れしやすいですね♪

本体を正面から見たところ。

siroca おうちベーカリー SB-1D151 正面から見たところ
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

貼ってあるステッカーはカンタンに剥がせるのでご安心を笑。

本体の側面には通気口があります。

siroca おうちベーカリー SB-1D151 側面通気口

背面にも同じく通気口があります。

siroca おうちベーカリー SB-1D151 背面通気口

中央のラベルには製品の仕様が記載されています。

siroca おうちベーカリー SB-1D151 製品の仕様
記載の仕様

siroca おうちベーカリー SB-1D151

定格電圧:AC100 V

定格周波数:50/60 Hz

温度ヒューズ:157℃

定格消費電力:500 W

PSEマークも刻印されているので安心して使えますね。

PSEマークとは

電気用品安全法は、電気製品が原因の火災や感電などから消費者を守るために施行された法律で、日本国内で100Vコンセントに接続して使用されるほとんど全ての民生用電気製品が対象となる安全規格です。

この法律により、メーカーや輸入業者は、消費者が区別できるよう適合製品にPSEマークをつけて販売することを義務付けられています。

※丸形PSEマークは菱形に比べると検査基準が緩くなりがちで、自社での検査となるため信頼できるメーカーかどうかの見極めも重要です。

底面には四隅には滑りにくいゴム製の脚があり、全面に通気用と思われる穴がたくさん開いています。

siroca おうちベーカリー SB-1D151 底面

本体背面(底面)から伸びている電源ケーブルの長さは約160 cm

siroca おうちベーカリー SB-1D151 電源ケーブル

電源プラグをコンセントに挿して使います。

siroca おうちベーカリー SB-1D151 コンセントに接続
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

コンセントに挿したら電源OFFにはできませんが、一般的な炊飯器と同じような感じですね。

サイズ・重量

siroca おうちベーカリー SB-1D151」のサイズは265 × 197 mmです。

siroca おうちベーカリー SB-1D151 サイズ

高さは247 mm

siroca おうちベーカリー SB-1D151 高さ

スマホ(iPhone 11 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

siroca おうちベーカリー SB-1D151 スマホと比較

重さは3.5 kgでした。

siroca おうちベーカリー SB-1D151 重さ

機能

siroca おうちベーカリー SB-1D151」でパンを作る手順はカンタンです。

以下の材料を用意します

わかりやすくするために計量をしていますが、スケールの上にパンケースを置いて計量しながら材料を入れていくと洗い物が少なく済みます。

siroca おうちベーカリー SB-1D151 材料
材料
  • :160 ml
  • 強力粉:230 g
  • バター:17 g
  • 砂糖:17 g
  • :4 g
  • スキムミルク:6 g
  • ドライイースト:2.5 g

※室温が25℃以上のときは約5℃、室温が10℃以下のときは約20℃の水を使います。

パンケースを取り出してパン羽根を付けます

向きがあるので注意してください。

siroca おうちベーカリー SB-1D151 パン羽根取り付け
パンケースに水を入れます
siroca おうちベーカリー SB-1D151 水を入れる
強力粉を入れます
siroca おうちベーカリー SB-1D151 強力粉を入れる
中央を高く山状にして、くぼみを作っておきます
siroca おうちベーカリー SB-1D151 強力粉を山状にする
バター、砂糖、塩、スキムミルクを四隅に入れて、中央のくぼみにドライイーストを入れます
siroca おうちベーカリー SB-1D151 他の材料を入れる
パンケースを本体にセットします
siroca おうちベーカリー SB-1D151 パンケースを本体にセット
フタを閉めてから電源プラグをコンセントに差込みます
siroca おうちベーカリー SB-1D151 コンセントに接続
メニューや予約時間、焼き色変更などの設定をして、スタートボタンを押します
siroca おうちベーカリー SB-1D151 時間やメニューを設定
残り時間が「0時間00分」と表示されブザーが鳴ったら、取り消しボタンを長押しして、電源プラグを抜いて電源を切ります
siroca おうちベーカリー SB-1D151 タイマー終了
焼きあがり!
siroca おうちベーカリー SB-1D151 焼き上がり
パンケースはとても熱いのでミトンを使って取り出し、脚付きの網の上などであら熱を取ります

写真ではホットクックの蒸す時のパーツを使ってます。

お箸を4本くらい並べてその上に置くのもありです。

siroca おうちベーカリー SB-1D151 粗熱をとる

siroca おうちベーカリー SB-1D151」はパンから乳製品まで、毎日使えるメニューが豊富なホームベーカリーです。

siroca おうちベーカリー SB-1D151 ホームベーカリー

出典:おうちベーカリー│シロカ株式会社

20個の豊富なメニュー数に対応しています。

siroca おうちベーカリー SB-1D151 メニュー

出典:おうちベーカリー│シロカ株式会社

生食パン糖質オフ食パン本格発酵メニューを作ることができます。

siroca おうちベーカリー SB-1D151 食パンなど

出典:おうちベーカリー│シロカ株式会社

手順はカンタン、材料をセットしてボタンを押すだけです。

siroca おうちベーカリー SB-1D151 カンタンセット

出典:Amazon

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

タイマーは最大13時間焼き色も3つの中から選べます!

siroca おうちベーカリー SB-1D151のレビューまとめ

本記事では「【siroca おうちベーカリー SB-1D151 レビュー】手作りパンや乳製品を手軽に調理できるコンパクトなホームベーカリー」について書きました。

操作はカンタン、材料をセットしてボタンを押すだけ。

夜にセットすれば、次の日の朝には美味しい焼き立てのパンを食べることができます。

妻や私はもちろん、4歳と1歳の子どもたちも大満足で「モチモチだね!」と喜んで食べています。

朝の食事が美味しいとその日1日が楽しく過ごせる、そんな実感を毎日感じるようになりました。

サイズも非常にコンパクトなので、「うちはキッチンが狭いから…」と諦めていたご家庭でも充分選択肢に入ってくると思います。

わが家のように「毎日おいしいパンが食べたい!」と思っている方、コンパクトなホームベーカリーをお探しの方は、ぜひ「siroca おうちベーカリー SB-1D151」を選んでみてはいかがでしょうか。