Amazonチャージで1000ポイントゲット

【SuperHub SE レビュー】高速充電、高解像度4K出力、5Gbps高速転送に対応したSwitchドックにもなるGaN多機能ハブ充電器

こんにちは、持ち歩くガジェットはできるだけ少なくしたいイツキ(@saigalog)です。

例えば外出するときにPC、スマホのお供としてモバイルバッテリーや各種ケーブル、充電器などをかばんに詰めるとそれだけでいっぱいになってしまいます。

重いしかさばるし、結局1回も使わなかった、なんて経験は誰しも一度はあるのではないでしょうか。

あらゆる機能が1つの製品にコンパクトにまとまっていたらどんなに楽だろうか。

そんな願いを叶えてくれる高機能ハブ充電器が現れました。

それが今回レビューするZendureゼンデュアの「SuperHub SEスーパーハブエスイー」。

ポートはUSB Type-Cが2つ、Type-Aが1つ、そしてHDMIが1つです。

USBポートのうち2つがPower Delivery(PD)に対応し、最大で48Wという高出力が可能でスマホやタブレット、PCを高速に充電することができます。

電力の高出力には発熱が避けられませんが、最新技術GaN(窒化ガリウム)を採用することでこれをクリアし、小型化に成功。

また高解像度4Kの画面出力にも対応しているので、USB Type-CとHDMIをつなぐだけでディスプレイやTVにスマホやPCの画面をカンタンに映すことができます。

Switchのドックとしても使えるので、純正の大きなドックを出先に持っていく必要はありません。

さらにUSBポートはUSB 3.1に対応し、5Gbpsという高速のデータ転送のハブとしても使うことができます。

今回は現代のPC・スマホ関連に欲しい機能が盛りだくさん詰め込まれた、まさに夢のようなガジェット「SuperHub SE」を詳しくレビューしていきます!

Makuake

本製品は、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます(2020年7月20日まで)。

お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

SuperHub SEの同梱物

SuperHub SE」の外箱は白を基調としたシンプルなデザインです。

SuperHub SE 外箱

同梱物として以下のものが入っています。

SuperHub SE 同梱物
SuperHub SEの同梱物
  • SuperHub SE本体
  • USB Type-Cケーブル
  • ACケーブル
  • ステッカー
  • 保証カード
  • ユーザーマニュアル

※今回はサンプル品でレビューしているので、ユーザーマニュアルなどは付属していません。

付属のUSB Type-Cケーブルは約100 cmです。

SuperHub SE USBケーブル

ACケーブルの長さは約150 cmでした。

SuperHub SE ACケーブル

SuperHub SEのスペック

Zendureの「SuperHub SE」はPD充電、USB3.1の高速データ転送、4K画面出力、そしてSwitchドックとしても使える多機能USBハブです。

SuperHub SE

現代のPCやスマホ周りで必要となる、あらゆる便利な機能を搭載しています。

SuperHub SE 便利機能

YouTubeの公式チャンネルに紹介動画がアップされているので、こちらもぜひチェックしてみてください!

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名SuperHub SE
本体サイズ56 × 81 × 29 (mm)
重さ126 g
入力AC100-240V 50-60Hz
USB Type-C(1)30W出力 PD、USB3.1 5Gbpsデータ転送
USB Type-C(2)18W出力 PD
USB Type-A7.5W出力、USB3.1 5Gbpsデータ転送
HDMI4K@60Hz、1080p@60Hz

外観

SuperHub SE」の外装はマットな質感ながらメタリックのような光沢を放ち、高級感があります。

SuperHub SE 外装

裏面には滑り止めのゴムが2箇所に貼られています。

SuperHub SE 裏面

そして中央には製品の仕様が記載されていました。

SuperHub SE 仕様
記載の仕様

ZENDURE SuperHub SE マルチ機能充電ハブ

Input / 入力:AC 100V-240V~ 50/60Hz 1.5A

Output / 出力:
USB-C(1):5V 3A, 9V 3A, 12V 2.5A, 15V 2A, 20V 1.5A, 30W Max
USB-C(2):5V 3A, 9V 2A, 12V 1.5A 18W Max
USB-A:5V 1.5A Max USB-C(2)+USB-A:5V 3A Max

Total DC Output / 合計DC出力:48W

PSEマークも刻印されているので安心して使えますね。

PSEマークとは

電気用品安全法は、電気製品が原因の火災や感電などから消費者を守るために施行された法律で、日本国内で100Vコンセントに接続して使用されるほとんど全ての民生用電気製品が対象となる安全規格です。

この法律により、メーカーや輸入業者は、消費者が区別できるよう適合製品にPSEマークをつけて販売することを義務付けられています。

本体の正面には各種ポートが並んでいます。

SuperHub SE 各種ポート
各種ポート

リストは画像の上から順になっています。

  • USB Type-C:30W出力、転送速度5Gbps
  • USB Type-C:18W出力
  • USB Type-A:7.5W出力、転送速度5Gbps
  • HDMI:4K@60Hz

背面にはACケーブルを接続するポートがあります。

SuperHub SE ACケーブルポート

付属のACケーブルをコンセントに接続することで充電器として機能します。

SuperHub SE 電源に接続

電源に接続されているときは、正面の上部にあるロゴが薄緑色に発光します。

SuperHub SE ロゴが発光

サイズ・重量

SuperHub SE」のサイズは56 × 81 mmです。

SuperHub SE サイズ

厚さは29 mm

SuperHub SE 厚さ

スマホ(iPhone 11 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

SuperHub SE スマホと比較

純正のドックと比較すると約1/6と、その小ささがわかると思います。

SuperHub SE Switchドックと比較

重さは126 gです。

SuperHub SE 重さ

機能

SuperHub SE」はあらゆる機能を搭載し、さらにSwitchドックとしても使える多機能USBハブです。

SuperHub SE 機能

その小さな体にはAppleのPCやスマホの充電器やハブNintendo Switchのドックとして使える機能が備わっています。

SuperHub SE 多機能

USB Type-A、Type-Cはもちろん、HDMIにも対応しているので画面を出力することもできます。

SuperHub SE 各種USB対応

高速PD充電データ転送HDMI(4K)は現代でもっとも必要な機能です。

SuperHub SE 機能一覧
機能一覧
  • デュアルPD対応
  • 3台同時充電
  • GaNテクノロジー
  • 高解像度4K対応
  • USB3.1で5Gbps高速データ転送
  • DeX&PCモード

コンパクトで軽量な「SuperHub SE」は気軽に持ち運ぶことができます。

SuperHub SE コンパクト

SuperHub SE」があれば、Switchをテレビに映して遊ぶときもサイズの大きな純正ドックは必要ありません。

SuperHub SE Switchドック不要

電源に接続し、HDMIをTV(ディスプレイ)に、USB Type-CはSwitchにつなげれるだけでOKです。

SuperHub SE 接続例

接続状態の全体像はこんな感じ。

SuperHub SE 接続全体像

バッチリとSwitchの画面がTVに映っていますね。

SuperHub SE SwitchをTVに出力
ソフトは「あつまれ どうぶつの森

画面の出力は最大4Kに対応しているので、気軽に高画質コンテンツを楽しむことができます。

SuperHub SE 4K対応

PCもSwitchと同じように、USB Type-Cケーブルのみで画面をカンタンに映すことができました。

SuperHub SE PC出力

SuperHub SE」は2つのUSB PD充電(30W+18W)と、1つのUSB-Aポートがあり、3台同時で最大48Wの大出力が可能です。

SuperHub SE 48W出力

MacBookとiPhoneを同時に充電することもできます。

SuperHub SE 同時充電
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/01/itsuki_surprise_icon.jpgイツキ

荷物が減って助かります!

18WポートでiPad Proを充電して、30WポートでSwitchを充電しながら遊ぶこともできます。

SuperHub SE 同時充電

もともとiPad Proは30Wの充電に対応していますが、純正のアダプターは18W出力なのでスペックを活かしきれていません。

SuperHub SE 限界まで充電
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/01/itsuki_icon.jpgイツキ

SuperHub SE」なら2倍の早さで充電することが可能に!

PD30WポートからiPhone 11 ProとiPad Pro 12.9(2020)を充電したときの電流値を計測してみました。

スマホは2.5Aで約23W出力、タブレットは1.88Aで約28W出力という結果です。

一般的にスマホの急速充電に必要な電流値は1.0A以上、タブレットは1.5A以上ですので、急速充電ができていることがわかります。

ちなみに各端末の急速充電に必要な電流値の目安は以下になりますので、ご参考まで!

急速充電に必要な電流値目安
  • フィーチャーフォン:0.5A
  • スマートフォン:1.0A
  • タブレット:1.5A

高出力充電には発熱がつきものですが、GaN(窒化ガリウム)テクノロジーを採用したことでその問題を解決し、コンパクト化・安全性の確保に成功しています。

SuperHub SE 窒化ガリウム
窒化ガリウムとは

特徴は「優れた耐圧性と電力効率」。

つまり、現在主流の「シリコン」に比べて電力の変換効率が良く発熱が少ないため、本体の小型化が可能になります。

USB Type-Aポート、Type-CポートはそれぞれUSB3.1なので、5Gbpsの転送速度でデータの移動も高速で行うことができます。

SuperHub SE 5Gbps転送速度

オプションの「グローバルアダプターキット」を使えば海外での使用はもちろん、USアダプターは日本でも使えます。

SuperHub SE グローバルアダプターキット
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/01/itsuki_icon.jpgイツキ

ACケーブルを使わず直接コンセントに挿せるので、よりスマートに使えますね♪

Makuake

本製品は、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます(2020年7月20日まで)。

SuperHub SEのレビューまとめ

本記事では「【SuperHub SE レビュー】高速充電、高解像度4K出力、5Gbps高速転送に対応したSwitchドックにもなるGaN多機能ハブ充電器」について書きました。

高速充電、高解像度画面出力、高速データ転送と欲しい機能がすべて詰まっているガジェット、それが「SuperHub SE」です。

手のひらサイズで、重さも126 gと軽量なのでどこにでも気軽に持ち運ぶことができます。

1人1台持っておいて、かばんに入れておけばとりあえずなんとかなってしまう

そんなスマートなライフスタイルを提供してくれるのがこのガジェットだと感じています。

価格も1万円以下と手頃で、コスパの高いこの製品「SuperHub SE」をぜひ選んでみてはいかがでしょうか。

Makuake

本製品は、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます(2020年7月20日まで)。