MENU

イツキ

イツキです。最新ガジェットや家電を使って、家族みんなが効率的で快適な暮らしができることを目指しています。

Amazonや楽天を中心に新商品をチェックしながら、レビューブログ「ガジェルバ」を運営中。

他にもインテリアやお酒の情報を紹介している「サイガログ」、恋愛リアリティショーのレビューをしている「サケコイ」のブログもどうぞ。

ご感想やご意見、製品レビューのご依頼はお気軽にお問い合わせフォームまで。

Amazonチャージで1000ポイントゲット

【SuperMobileCharger レビュー】ACコンセント、モバイルバッテリー、Qi対応ワイヤレス充電が一体となったPD対応1台3役のモバイルバッテリー

こんにちは、Qiチー対応ワイヤレス充電の便利さから離れられないイツキ(@saigalog)です。

今、愛用のスマホはiPhone 11 Proなのですが、もはや有線で充電することはほとんどありません

使っているのはもっぱらQi対応ワイヤレス充電器

有線に比べて充電速度が遅いというデメリットはありますが、それ以外はただ置いておけばいいというデメリットをくつがえす圧倒的なメリットがあります。

仕事中など、スマホを触らないときにポンと置いておけばいつの間にかフル充電が完了している、という状態です。

私は思いました。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/01/itsuki_icon.jpgイツキ

モバイルバッテリーでもQi対応ワイヤレス充電できたらどんなに便利だろうか。

そしてありがたいことに今回レビューする機会をいただきました。

その名も「SuperMobileCharger」。

シンプルながらも機能のスゴさを名前で物語るそのモバイルバッテリーは、なんと1台3役

まずACコンセントに対応している。

つまりコンセントに差し込めば普通の充電器として使うことができます。

次にモバイルバッテリーの機能。

8000mAhというちょうど良い容量で、普通のスマホを1回以上フル充電することができます。

そしてQi対応ワイヤレス充電機能。

3役こなし、もちろんこれから主流となるUSB Type-Cポートも完備しています。

今回はそんなマルチの性能を持った万能モバイルバッテリー「SuperMobileCharger」をレビューしていきます!

Makuake

CIO社は100W出力で複数デバイスを急速充電できる、GaN搭載の世界最小クラスモバイル充電器「LilNob」のプロジェクトを、

クラウドファンディング「Makuake」で実施中です!(2020年4月29日まで)

お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

SuperMobileChargerの同梱物

SuperMobileCharger」の外箱は黒色ベースのシンプルなデザイン。

SuperMobileCharger 外箱

裏面には機能説明と製品仕様が記載されています。

SuperMobileCharger 外箱裏面

同梱物として以下のものが入っています。

SuperMobileCharger 同梱物
SuperMobileChargerの同梱物
  • SuperMobileCharger本体
  • 製品説明書

SuperMobileChargerのスペック

CIO社の「SuperMobileCharger」は、ACコンセントとモバイルバッテリーが一体となり、Qi対応ワイヤレス充電もできる1台3役のハイブリッド型モバイルバッテリーです。

SuperMobileCharger

8000mAhのバッテリーを内蔵しており、一般的なスマホを1回以上フル充電することができます。

SuperMobileCharger 8000mAh
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/01/itsuki_icon.jpgイツキ

iPhone 11 Proなら約1.8回分の充電が可能です!

MEMO

「モバイルバッテリーの容量 × 変換ロス(0.7) ÷ iPhone 11 Proの容量」で計算しています。

8000mAh × 0.7 ÷ 3046mAh = 約1.8回

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名SuperMobileCharger
本体サイズ81 × 82 × 28 (mm)
本体重量245 g
バッテリー容量8000mAh
入力ポートUSB Type-C × 1、AC入力
出力ポートUSB Type-C × 1、USB Type-A × 1
AC入力AC 100 - 240V、50 / 60Hz , 0.5A
USB Type-C入力PD3.0&QC4 18W
USB Type-C出力PD3.0&QC4 18W
USB Type-A出力QC4 18W or 5V/2.4A
Qi10W急速ワイヤレス充電
Appleデバイスは7.5Wの急速充電

外観

外装はマットなブラック、シンプルで使いやすいデザインです。

SuperMobileCharger 外装

裏面にはCIOのロゴ。

SuperMobileCharger 外装裏面

CIO社は多くのモバイルバッテリーやACアダプター、IoT製品を取り扱っています。

SuperMobileCharger CIOロゴ

底面には「SuperMobileCharger」の仕様が書かれています。

SuperMobileCharger 仕様
記載されている仕様

Model/品番:CIO-SC2

AC Input/AC 入力:AC100V - 240V 50/60Hz 0.5A

AC Charger:5V-2.4A(12W)

Type-C Output/出力:PD 3.0/QC4+18W Input/入力:PD 3.0/QC4+18W

USB-A Output/出力:QC3.0 18W

Capacity/容量:8000mAh(28.8Wh)

Qi Wireless Output/ワイヤレス出力 5W/7.5W/10W

PSEマークも刻印されているので安心して使えますね。

PSEマークとは

電気用品安全法は、電気製品が原因の火災や感電などから消費者を守るために施行された法律で、日本国内で100Vコンセントに接続して使用されるほとんど全ての民生用電気製品が対象となる安全規格です。

この法律により、メーカーや輸入業者は、消費者が区別できるよう適合製品にPSEマークをつけて販売することを義務付けられています。

※丸形PSEマークは菱形に比べると検査基準が緩くなりがちで、自社での検査となるため信頼できるメーカーかどうかの見極めも重要です。

正面にはUSB Type-Cポートが1つ、USB Type-Aポートが1つあります。

バッテリー残容量を確認したいときは、下の方にある丸い電源ボタンを押しましょう。

SuperMobileCharger 各種ポート

インジケーターが点灯し、数字で残容量を示します。

SuperMobileCharger インジケーター
スマホで撮ると文字が欠ける…
電源ボタンの機能
  • 1回押す:電源ON&ディスプレイ表示
  • 長押し:電源OFF

電源を入れて30秒放置状態で自動的に電源がOFFになります。

サイズ・重量

SuperMobileCharger」のサイズは81 × 82 mmです。

SuperMobileCharger サイズ

厚さは28 mm

SuperMobileCharger 厚さ

スマホ(iPhone 11 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

SuperMobileCharger スマホと比較

モバイルバッテリー本体の重さは245 gでした。

SuperMobileCharger 重さ

機能

SuperMobileCharger」はUSB Type-CとType-Aの2ポートあり、同時に充電することができます。

SuperMobileCharger USBポート
ポートごとの機能
  • USB Type-C:PD3.0、QC4 18W
  • USB Type-A:QC4 18W または 5V / 2.4A

QiまたはUSB-Aポートと同時に充電する場合は、最大5V / 3Aとなります。

Type-Cポートには「Power Delivery 3.0」「QuickCharge 4」が搭載されています。

Power Deliveryとは

Power Delivery(以下PD)とはUSBケーブルを利用して最大100Wまでの受給電を可能にするUSB電力拡張規格です。

従来、USB 2.0は2.5W、USB 3.0では4.5Wまでの電力供給が可能でした。

PDでは従来対応できなかったタブレットやノートPCなどへの受給電が可能となり、対応機器が大幅に拡大します。

さらに、モバイル機器への急速充電(充電時間の短縮)も可能となります。

出典:USB Power Deliveryとは?

QuickChargeとは

Quick Charge(クイックチャージ)とは、米国Qualcomm社が開発したスマートフォン・タブレットを高速で充電できる規格です。

通常のUSB充電では5V電圧を使用しますが、それよりも大きい電圧を使って充電できるので、急速充電が可能となります。

USB-AポートからLightningケーブルでiPhone 11 Proを充電したときの電流値を計測(1.701A)してみました。

一般的にスマホの急速充電に必要な電流値は1.0A以上ですので、急速充電ができていることがわかります。

SuperMobileCharger 電流値
8.724Wの出力

ちなみに各端末の急速充電に必要な電流値の目安は以下になりますので、ご参考まで!

急速充電に必要な電流値目安
  • フィーチャーフォン:0.5A
  • スマートフォン:1.0A
  • タブレット:1.5A

次にUSB-Cでも同様にiPhone 11 Proを充電して計測。

電流値は1.97Aで約18Wの出力、ということでUSB-Aと比べて明らかに高い数値で充電できています。

SuperMobileCharger 電流値

ちなみにiPhone 11 Proは1時間(60分)で50%の充電ができていることを確認しました。

単純計算ですが、2時間(120分)で100%フル充電という計算になります。

SuperMobileCharger 充電

さらに「SuperMobileCharger」はQi対応ワイヤレス充電にも対応しています。

SuperMobileCharger Qi対応ワイヤレス充電

充電中はバッテリー残量を示すインジケーターが光り、ランプが赤く点灯します。

SuperMobileCharger ランプ点灯
ランプ色の意味
  • 充電中:
  • 待機中:

最後に「SuperMobileCharger」本体の充電方法について。

折りたたみ式のプラグがあるので、それをコンセントに挿すだけで充電できます。

SuperMobileCharger コンセントから充電

プラグはしっかりと折りたたまれて固いので、取り出すときに指を怪我しないように注意しましょう。

SuperMobileCharger 折りたたみ式プラグ

もう1つはUSB Type-Cポートにケーブルを接続するという方法。

出先でコンセントが確保できずPCのUSBポートしかない、というときに便利です。

SuperMobileCharger USBポートから充電

充電時には正面のインジケーターが点灯・点滅し、充電状況を示してくれます。

SuperMobileCharger インジケーター点灯点滅

SuperMobileChargerのレビューまとめ

本記事では「【SuperMobileCharger レビュー】ACコンセント、モバイルバッテリー、Qi対応ワイヤレス充電が一体となったPD対応1台3役のモバイルバッテリー」について書きました。

1台3役でいろんな機能があるのはもちろん、LEDによる1%きざみの表示でバッテリー残容量がわかりやすいなど細かいところも配慮されています。

重さも245 gとこの性能にしては非常に軽量で、どこにでも持ち運ぶことができます。

とりあえず外出するときはこの「SuperMobileCharger」をかばんに入れておけばいい、そんな使い方ができる本製品。

持ち物を減らしシンプルに生活したい、という方には特におすすめですのでぜひ選んでみてはいかがでしょうか。

Makuake

CIO社は100W出力で複数デバイスを急速充電できる、GaN搭載の世界最小クラスモバイル充電器「LilNob」のプロジェクトを、

クラウドファンディング「Makuake」で実施中です!(2020年4月29日まで)

Instagram
YouTube
Twitter
Feedly
SHARE