Amazonチャージで1000ポイントゲット

【Tapo P105 レビュー】遠隔操作やスケジュール設定ができるミニスマートWi-Fiプラグ

こんにちは、自宅のIoT化を進めているイツキ(@saigalog)です。

わが家ではGoogleアシスタントを窓口に、電球を始め、Wi-Fi接続可能な家電や赤外線リモコンが使える家電もできる限りIoT化しています。

ただ電源ボタンのON/OFFや、コンセントの抜き差しのみでしか管理できない家電もありますよね。

そこで活躍するのが今回レビューするTP-Linkティーピーリンクの「Tapoタポ P105」。

Wi-Fi接続して使えるこのスマートプラグを家電とコンセントの間に挟めば、あっという間にIoT化が完了します。

GoogleアシスタントやAlexaでの音声操作はもちろん、スケジュールやタイマー設定できるのが便利です。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

使いたいときに電源ON、使わないときは電源OFFに自動的になっているので手間がはぶけて最高です!

またデザインもシンプルでサイズもコンパクトに仕上がってるので、インテリアを気にせずに設置できるのもポイントが高い。

本記事ではそんな「Tapo P105」について、実際の使用例などを踏まえて詳しくレビューしていきます!

お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

Tapo P105の同梱物

「Tapo P105」の外箱は、白と青を基調としたシンプルなデザインです。

Tapo P105 外箱

側面には製品の特徴仕様が記載されています。

同梱物として以下のものが入っています。

Tapo P105 同梱物
Tapo P105の同梱物
  • スマートプラグ本体
  • かんたん設定ガイド

Tapo P105のスペック

TP-Linkの「Tapo P105」は、遠隔操作やスケジュール設定など様々な機能をカンタンに使えるミニスマートWi-Fiプラグです。

Tapo P105

YouTubeのラジオ風動画「週刊ラジルバ」でもこの製品について触れているので、こちらもぜひチェックしてみてください。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

よければチャンネル登録もお願いします!

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名Tapo P105
本体サイズ60 × 38 × 33 (mm)
重量51 g
プロトコルIEEE 802.11b/g/n, Bluetooth 4.2 (初期設定時のみ)
ワイヤレスタイプ2.4 GHz
システム要件Android 4.4 以降、iOS 9.0以降
材質UL94-V0 難燃性素材(PC)
ボタンReset / Switch Button × 1
パワー要件AC 100-125 V~ 50/60 Hz
最大負荷1000W @100V~ 10 A
General Use / Resistive Load
認証FCC, RoHS

外観

「Tapo P105」の外観は白一色で、マットな質感になっています。

Tapo P105 外観

各機器のプラグをスマートプラグのコンセント(穴)に挿して使います。

Tapo P105 コンセント

側面には製品の仕様注意事項が記載されています。

Tapo P105 製品の仕様
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

使用できない機器についても書かれているのでよく読んでおきましょう!

側面にある電源ボタンを5秒以上長押しすることで、工場出荷時の状態に初期化できます。

Tapo P105 電源ボタン

電源に接続するプラグはこんな感じ。

Tapo P105 プラグ

片方がN相という中性線で厚みがあるので、壁のコンセントに挿す際は向きに注意しましょう。

Tapo P105 プラグのサイズ

実際にコンセントに挿してみるとこんな感じです。

Tapo P105 コンセントに接続

サイズ・重量

「Tapo P105」のサイズは33 × 60 mmです。

Tapo P105 サイズ

奥行きは37 mm

Tapo P105 奥行き

スマホ(iPhone 11 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

Tapo P105 スマホと比較

手に持つと小ささがよくわかります。

Tapo P105 手に持ったサイズ感

重さは51 gでした。

Tapo P105 重さ

機能

「Tapo P105」はスマホを使ってカンタンにセットアップすることができます。

アプリをダウンロードします
TP-Link Tapo

TP-Link Tapo

TP-LINK無料posted withアプリーチ

電源を入れます

本体をコンセントに挿し込み、LEDがオレンジに点滅するまで待ちます。

Tapo P105 接続待ち
アプリを起動し、「+」をタップします
Tapo P105 アプリ起動
「スマートプラグ P105」をタップします
Tapo P105 選択
内容を確認し、「オレンジと緑色に点灯」ボタンをタップします
Tapo P105 ボタンタップ
アプリに戻り、スマートプラグが接続するWi-Fiをタップします
Tapo P105 Wi-Fi選択
Wi-Fiのパスワードを入力します
Tapo P105 パスワード
デバイスに名前をつけます
Tapo P105 デバイスに名前をつける
デバイスを設置した場所を選びます
Tapo P105 デバイスの設置場所
デバイスのアイコンを選びます
Tapo P105 デバイスのアイコン
最新のファームウェアがある場合はアップデートします
Tapo P105 ファームウェアアップデート
設定が完了します
Tapo P105 設定完了
ホーム画面に接続したスマートプラグが表示されていれば成功です!
Tapo P105 マイホーム

「Tapo P105」には主な特徴が8つあります。

Tapo P105 特徴
主な特徴
  • 遠隔操作
  • スケジュール&タイマー
  • 音声コントロール
  • コンパクトデザイン
  • おでかけモード
  • 家族とシェア
  • 高い安全性
  • かんたん設定

「Tapo」アプリを使えば、接続したデバイスのON/OFFをどこからでも切り替えることができます。

Tapo P105 遠隔操作

アプリでは遠隔操作も含め、各種設定を行えます。

Tapo P105 設定

スケジュール・タイマー機能を利用すればスケジュールやカウントダウン設定を作成できます。

Tapo P105 時間設定

このように1分刻みでスケジュールやタイマーを設定できます。

Googleアシスタント、Alexaに対応しているので音声で操作することができます。

Tapo P105 音声コントロール
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

わが家ではGoogleアシスタントをヘビーユーズしています。

エミ
エミ

OK Google!スマートプラグをオンにして!

Google Home

Google Home

Google LLC無料posted withアプリーチ

Google Home」アプリでも連携したスマートプラグを操作できます。

コンパクトに設計されているので、他のコンセントを塞ぐことはありません。

Tapo P105 コンパクト

スマートプラグを上手に活用すれば家事の時短にも繋がり、余裕のある朝を迎えられます。

Tapo P105 便利な暮らし

おでかけモード」を使えば、長時間の外出や旅行で家に人がいないことを悟られません。

Tapo P105 おでかけモード
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

電気を点ければ防犯にも繋がりますね!

いつからいつまで「おでかけモード」を使うかを設定すれば、あとはランダムでスマートプラグのON/OFFが切り替わります。

Tapo P105 おでかけモード設定

家族間で管理権限を共有できます。

Tapo P105 家族とシェア

厳格な品質検査世界的機関による認証をクリアしているので、安心して使えます。

Tapo P105 安全性保証

独自のBluetoothオンボーディング技術で、シンプルでカンタンな設定手順を実現しています。

Tapo P105 かんたん設定

わが家では同社の製品である見守りカメラ「Tapo C100」をスマートプラグに接続しています。

この見守りカメラ、2020年6月に導入して以降、今もずっと使い続けている良い製品なのですが1つだけ欠点がありまして。

それはスケジュールによる電源のON/OFF切り替えができないということ。

基本的に見守りカメラは1日中つけておく必要がなく、子どもたちが寝るときの夜中に使うものなので毎日手動でON/OFFするのが面倒でした。

ナメコ
ナメコ

可能性は低いですが、日中ネットワークに入られて部屋の様子が見られたら防犯的にもまずいので…!

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

電気代も節約したいしね。

そこで接続機器のON/OFFをスケジュール管理できるスマートプラグ「Tapo P105」に白羽の矢が立った、という次第です!

今では夜20時に見守りカメラが自動的にONになって、深夜0時にOFFになるのでさらに快適な育児生活を送れるようになり、夫婦ともに大満足です!

Tapo C100レビューはこちら 【Tapo C100 レビュー】フルHD画質でナイトビジョンや動体検知機能を搭載したネットワークWi-Fiカメラ

Tapo P105のレビューまとめ

本記事では「【Tapo P105 レビュー】遠隔操作やスケジュール設定ができるミニスマートWi-Fiプラグ」について書きました。

家電と接続するだけで手軽にIoT化できてしまう本製品。

価格も1,000円台と非常にリーズナブルなので、複数台買って家中に配置すればさらに自宅を快適することができるでしょう。

設定や管理もシンプルでカンタンなので誰でもできますし、わが家のように見守りカメラとの併用にもうってつけ。

今まさにIoT化を進めている最中、またはこれからIoT化していきたいという方はぜひ「Tapo P105」を選んでみてはいかがでしょうか。