MENU

イツキ

イツキです。最新ガジェットや家電を使って、家族みんなが効率的で快適な暮らしができることを目指しています。

Amazonや楽天を中心に新商品をチェックしながら、月間4万人が見るブログ「ガジェルバ」を運営中。

他にもインテリアやお酒の情報を紹介している「サイガログ」、恋愛リアリティショーのレビューをしている「サケコイ」のブログもどうぞ。

ご感想やご意見、製品レビューのご依頼はお気軽にお問い合わせフォームまで。

Amazonチャージで1000ポイントゲット

【TaoTronics SoundLiberty 88 レビュー】ELEVOC AIノイズキャンセリングと自動耳検出機能を搭載した防水性能IPX7の完全ワイヤレスイヤホン

こんにちは、持っている完全ワイヤレスイヤホンのランキングを密かに付け始めたイツキ(@saigalog)です。

自分の好みを再確認するためにも必要な作業ですし、今後どのようなイヤホンを買えばいいか方向性を知ることができます。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

買い物で大事なのは傾向と対策です笑。

そんな中、オーディオメーカーとして有名なTaoTronicsタオトロニクスからまた新たなTWSが発売されました。

それが「TaoTronics SoundLibertyタオトロニクス サウンドリバティ 88」。

黒で統一し、表面はマット仕上げのシンプルなデザイン。

コンパクトで軽量なので、持ち運びにも便利です。

防水性能はIPX7タッチコントロール機能も搭載されているのでTWSに必要な機能はほとんど揃っています。

そして特徴的なのは、通話時の雑音をクリアにする「ELEVOC AIノイズキャンセリング」と「自動耳検出」の2機能。

本記事ではそんな「TaoTronics SoundLiberty 88」について、実際の使用感も含め詳しくレビューしていきます!

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_hirameki_icon_new.jpgイツキ

記事後半では類似の製品「TaoTronics SoundLiberty 92」との比較もしています!

クーポンコード「BH088KAJ」適用で20%OFF!8/9 ~ 8/11 23:59まで
お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

TaoTronics SoundLiberty 88の使用感

イヤホンと言えば、まず実際の使用感が気になる方も多いのではないでしょうか。

製品の詳細やスペックは後回しにするとして、まずは使ってみて私が感じた素直な感想を述べていきたいと思います。

TaoTronics SoundLiberty 88 使用感

まずは見た目から。

TaoTronics SoundLiberty 88 見た目

充電ケース、イヤホンともに黒一色でマットな質感

プラスチッキーではありますが、安っぽくはありません。

コンパクト&軽量で、コロンと丸い形状が特徴です。

全体的にやや男性向け、ではありますがクセがないので老若男女、誰でも使えるシンプルなデザインで使いやすいと思います。

次に装着感

TaoTronics SoundLiberty 88 装着感

この製品は「インナーイヤー型」と言われるイヤホンです。

「カナル型」と比べ、密閉感や装着感が薄い一方で、耳が疲れたり痛くなりにくいという特徴があります。

私はこれまで様々なインナーイヤー型イヤホンを試してきましたが、ちょうどいいつけ心地だな、と感じたことはあまりありません。

その中で、この「TaoTronics SoundLiberty 88」の装着感はすごく良いと感じています。

たしかに密閉感というのは弱めなのですが、耳にしっかりかかっている感覚があります。

ただカナル型とは違い、イヤーピースでフィット感を調整することはできませんので自分の耳にしっくりくるかは「ある意味運次第」とも言えるでしょう。

また、この製品の特徴でもある「自動耳検出」機能はすごく良かったです。

イヤホンを外せば曲再生が止まるので、わざわざスマホを取り出して停止するという手間がなくなりました。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

この機能は全イヤホンに搭載してもらいたいくらい便利です笑。

そして一番気になる音質面について。

TaoTronics SoundLiberty 88 音質

インナーイヤー型の特徴でもある音のこもりは多少あるものの、全体的にクリアで聴き心地の良いサウンドを楽しめます。

特に高音・中音がキレイに聴こえるので、インナーイヤー型の軽いつけ心地とマッチしていて爽快感があります。

ただ低音については弱めなので、迫力や臨場感を求める方にとっては少し物足りないかもしれません。

全体的なクオリティは高く、1万円以下のTWSとしては間違いなく高コスパの製品と言えるでしょう。

クーポンコード「BH088KAJ」適用で20%OFF!8/9 ~ 8/11 23:59まで

TaoTronics SoundLiberty 88の同梱物

TaoTronics SoundLiberty 88」の外箱は、白と鮮やかなオレンジ色のスタイリッシュなデザインです。

TaoTronics SoundLiberty 88 外箱

同梱物として以下のものが入っています。

TaoTronics SoundLiberty 88 同梱物
TT-BH088の同梱物
  • イヤホン本体
  • 充電ケース
  • 充電用USB Type-A to Cケーブル
  • 取扱説明書

付属のUSB Type-A to Cのケーブルの長さは約15 cmです。

TaoTronics SoundLiberty 88 USBケーブル
クーポンコード「BH088KAJ」適用で20%OFF!8/9 ~ 8/11 23:59まで

TaoTronics SoundLiberty 88のスペック

TaoTronicsの「SoundLiberty 88」は、充電ケースが付いたAIノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホンです。

TaoTronics SoundLiberty 88

シンプルで高級感のあるデザインは所有欲を満たしてくれます。

TaoTronics SoundLiberty 88 デザイン

YouTubeのラジオ風動画「週刊ラジルバ」でもこの製品について触れているので、こちらもぜひチェックしてみてください。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

よければチャンネル登録もお願いします!

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名TaoTronics SoundLiberty 88
型番TT-BH088
本体サイズ(イヤホン)43 × 17 × 17 (mm)
本体サイズ(充電ケース)57 × 57 × 29 (mm)
重量(イヤホン)4.5 g(合計9 g)
重量(充電ケース)42 g
Bluetooth ver.5.0
防水規格IPX7(イヤホンのみ)
プロファイルA2DP/AVRCP/HFP
対応コーデックSBC/AAC
連続再生時間約4時間
合計再生時間約25時間
通信距離約15 m
ボタン仕様タッチセンサー式
ドライバー口径10 mm
駆動方式ダイナミック型
充電時間約1時間
通話ノイズキャンセリングELEVOC AIノイズキャンセリング

外観

充電ケースの外装は黒くマットな質感で、人を選ばないシンプルなデザインです。

TaoTronics SoundLiberty 88 充電ケース外観

裏面には充電ケースの仕様が記載されています。

TaoTronics SoundLiberty 88 充電ケース仕様
記載の仕様

CHARGER FOR TWS EARBUDS

Model:TT-BH088

Input:5V 500mA Output:5V 50mA

Capacity:420mAh/1.55Wh

背面にあるUSB Type-Cの入力ポートは充電用。

TaoTronics SoundLiberty 88 USBポート

付属のUSB Type-A to Cケーブルを接続して充電できます。

TaoTronics SoundLiberty 88 充電

充電ケースの正面には白く光るインジケーターがあります。

TaoTronics SoundLiberty 88 充電ケースインジケーター
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

充電中はインジケーターが白く点滅します。

充電ケースを開けると、イヤホンが台座に置かれています。

TaoTronics SoundLiberty 88 充電ケース開けたところ

イヤホンを台座から取り外してみたところ。

TaoTronics SoundLiberty 88 イヤホン取り外し
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

金色に見えるのは充電端子です。

ここからはイヤホン本体を見ていきます。

イヤホンも充電ケースと同じ黒で、マットな質感

TaoTronics SoundLiberty 88 イヤホン外観

イヤホンにも充電ケースと同じようにインジケーターがあり、色や点灯/点滅で状態を示してくれます。

TaoTronics SoundLiberty 88 イヤホンインジケーター
インジケーターが示す意味
  • 白く3回点滅:電源オン(リセットモード)
  • 白とが点滅:ペアリングモード(待機中)
  • ゆっくり点滅:ペアリング完了

サイズ・重量

充電ケースのサイズは57 × 57 mmです。

TaoTronics SoundLiberty 88 充電ケースサイズ

厚さは29 mm

TaoTronics SoundLiberty 88 充電ケース厚さ

イヤホンの全長は43 mm、横幅は17 mmです。

TaoTronics SoundLiberty 88 イヤホンサイズ

イヤホンの奥行きは17 mmでした。

TaoTronics SoundLiberty 88 イヤホン奥行き

スマホ(iPhone 11 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感です。

TaoTronics SoundLiberty 88 スマホと比較

充電ケースの重さは42 g

TaoTronics SoundLiberty 88 充電ケース重さ

イヤホンはペアで9 gです(片方4.5 g)。

TaoTronics SoundLiberty 88 イヤホン重さ

機能

まずは誰もが一番最初にやるペアリングを行いましょう。

https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

手順は少なくかんたんです♪

充電ケースのフタを開けます
TaoTronics SoundLiberty 88 充電ケース開ける
イヤホンとペアリングする端末のBluetooth設定を有効(オン)にします
TaoTronics SoundLiberty 88 Bluetooth設定オン
端末の画面に表示される「TAOTRONICS SoundLiberty 88」を選びます
TaoTronics SoundLiberty 88 選択
ペアリング完了!
TaoTronics SoundLiberty 88 ペアリング成功

一度ペアリングを済ませてしまえば、あとは充電ケースから取り出した際に自動的に電源がオンになり、端末にすぐに接続できます。

TaoTronics SoundLiberty 88 自動接続

TaoTronics SoundLiberty 88」は、ELEVOC AIノイズキャンセリングを搭載し周囲の騒音とノイズを軽減します。

TaoTronics SoundLiberty 88 ELEVOC AIノイズキャンセリング
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

どこでも快適な通話ができます!

MEMO

アクティブノイズキャンセリングではありません。

静電式センサーで自動で耳を検出、耳から外せば音楽を停止し、つければ再生を再開します。

TaoTronics SoundLiberty 88 自動耳検出

10 mm二層構造ドライバーを搭載し、クリアで迫力のあるサウンドを楽しめます。

TaoTronics SoundLiberty 88 クリアサウンド
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

さらに高音質の圧縮形式「AAC」に対応しているので、iPhoneなら遅延なく上質な音楽を楽しめます♪

人間工学に基づいた設計で、長時間つけていても疲れにくいフィット感を実現しています。

TaoTronics SoundLiberty 88 フィット感

気になる電池もち、イヤホンだけなら最大4時間、ケースで充電し直すことで最大25時間の連続再生が可能です。

TaoTronics SoundLiberty 88 連続再生時間

ちなみに片耳のみで使うこともできます。

片方だけ充電して、もう片方で音楽を聴く、といった使い方もできますね。

TaoTronics SoundLiberty 88 片耳使用

そしてこの「TaoTronics SoundLiberty 88」はタッチコントロールによる音楽操作が可能です。

TaoTronics SoundLiberty 88 タッチコントロール
操作と機能
  • 2タップ:再生/一時停止
  • 右を3秒以上長押し:音量+
  • 左を3秒以上長押し:音量-
  • 右を3タップ:進む
  • 左を3タップ:戻る
  • 1タップ:通話応答
  • 2タップ:電話を切る
  • 2秒間長押し:通話拒否
  • 2秒間長押し(ビープ音):音声コントロールオン/オフ
  • 10秒間長押し:ペアリング履歴消去
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

覚えるのが少し大変ですが、機能が豊富で便利です♪

また、防水性能も兼ね備えています。

等級は「IPX7」、雨天やスポーツ時の汗など気にせず使えます。

TaoTronics SoundLiberty 88 防水性能
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

IPX7の防水性能は高く、一定時間水に沈めても壊れません!

注意

防水なのはイヤホンのみで、充電ケースは防水ではありませんのでご注意を!

クーポンコード「BH088KAJ」適用で20%OFF!8/9 ~ 8/11 23:59まで

TaoTronics SoundLiberty 92との比較

TaoTronicsのインナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホンに「SoundLiberty 92」という製品があります。

TaoTronics SoundLiberty 92
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

発売された日も近く、性能面もとてもよく似た両機種を比較してみました!

両機種において、異なるスペックや機能を中心に比較し、優れていると思う方を赤字で記載しています。

モバイルは左スライドで全表示
 SoundLiberty 88SoundLiberty 92
充電ケースサイズ57 × 57 × 29 (mm)48 × 56 × 25 (mm)
充電ケース重さ42 g34 g
イヤホンサイズ43 × 17 × 17 (mm)45 × 17 × 16 (mm)
イヤホン重さ4.5 g(合計9 g)4.5 g(合計9 g)
連続再生時間約4時間約5時間
ドライバー口径10 mm13 mm
価格7,599円4,999円
表面仕上げマット光沢
音質高音・中音に強い低音に強い
特徴ELEVOC AIノイズキャンセリングMCSync左右同時伝送
https://gadgerba.saigalog.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

リーズナブルに迫力のサウンドを楽しみたい方は「SoundLiberty 92」、通話を中心に使いたい方は「SoundLiberty 88」を選ぶと良さそうです!

TaoTronics SoundLiberty 92レビューはこちら 【TaoTronics SoundLiberty 92 レビュー】シンプルなデザインで防水性能IPX7のインナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン

TaoTronics SoundLiberty 88のレビューまとめ

本記事では「【TaoTronics SoundLiberty 88 レビュー】ELEVOC AIノイズキャンセリングと自動耳検出機能を搭載した防水性能IPX7の完全ワイヤレスイヤホン」について書きました。

シンプルなデザインとは裏腹に、完全ワイヤレスイヤホンに必要な機能はほぼすべて揃った本製品。

通話を中心に使いたい方には「ELEVOC AIノイズキャンセリング」は重宝しますし、「自動耳検出」は画期的で便利な機能です。

少し前に発売された同社の「SoundLiberty 92」は似たような製品ですが、記事内の比較表を参考に、好みのものを選んでみてください。

リモート会議などで手軽に使えるリーズナブルな完全ワイヤレスイヤホンをお探しの方は、ぜひ「TaoTronics SoundLiberty 88」を選んでみてはいかがでしょうか。

クーポンコード「BH088KAJ」適用で20%OFF!8/9 ~ 8/11 23:59まで
Instagram
YouTube
Twitter
Feedly
SHARE